消費者金融の審査は実際甘いのか

消費者金融であっても銀行であってもカードローンを申し込む時には審査があります。もし、無審査でお金を貸し出してくれる金融機関があったら怪しいと疑う必要があります。世間では、銀行より消費者金融の方が審査が甘いと聞いたことがあると思いますが、決して審査が甘いわけではありません。銀行や消費者金融ごとで審査基準が違い、審査が落ちやすい人の傾向というものがあります。

大手消費者金融の審査通過率というのは月によって変わりますが約45%程度で、それに比べ銀行の審査通過率は約30%程度です。これだけ見れば、消費者金融の方が審査が甘く通りやすいという感じに見えますが、甘いわけではありません。各金融機関で申込者の属性が違うため、どうしても通過率というのは差が出てしまいますが、銀行も大手消費者金融も審査基準は変わりません。

消費者金融に申し込みしているのになかなか審査に通らない人には、なにか問題があります。「信用情報にキズがある」「他社からの借り入れが多い」「年収が安定していない」などの問題があります。その中でも信用情報にキズがあるのは問題があります。信用情報のキズというのは、過去の債務整理や3ヶ月以上の延滞してしまっていると信用情報にキズがある状態のことを言います。

Tags: , ,