Home » 銀行カードローンについて » 銀行カードローンの他業種とは違う延滞

銀行カードローンの他業種とは違う延滞

銀行、大手消費者金融、中小消費者金融で使用している指定信用情報機関が異なりますので、よくわからない人に向けて解説します。

まず、61日以上、もしくは3ヶ月の長期延滞をした場合は金融事故記録に登録され、CRINシステムで三社共有されます。中小消費者金融の事故だからセーフという事はありません。

銀行カードローンと大手消費者金融で2回以上の小規模延滞の場合、CICとKSCの情報に利用状態が悪い情報が2年間記録されているので、その間は銀行カードローン、大手消費者金融は審査に通りません。完済すれば小規模延滞は消えますので、中小消費者金融にはわかりません。

中小消費者金融の小規模延滞の場合、JICCしか登録していませんから、その債務を完済するとわからなくなるので、銀行カードローンや大手消費者金融に理論上通る様になります。

貸金業登録していないヤミ金はどんなに延滞しても、指定信用情報機関に加盟してないので記録されません。ただし法の外で生きてますので、借りない様にして下さい。

特徴を調べて上手く審査の裏をついてみてください。

Tags: , ,