慢性的な金欠の方はキャッシングは避けるべし!

毎月の生活費や諸経費の支払のために現金が不足しているという方は、キャッシングによる借り入れは避けることが重要です。そもそも、お金がない状態でのキャッシングは借入先の件数や金額に関わらず、慢性的に自転車操業に陥るリスクが高くなります。

キャッシングが有効なのは、毎月の家計収支に余裕はあるものの、一時的に高額な出費が重なったという場合であり、翌月以降は貯蓄などに収入を回せるかどうかという場合です。たった、2千円や3千円の返済なら大丈夫と甘く考えても、万が一返済が出来なくなった場合は、連鎖的にクレジットカードの利用が出来なくなると予想以上に返済が困難に陥ることもあります。実際には少額のキャッシングでも返済不能となり、債務整理に至るケースがあると認識するのが重要です。

Tags: , ,