クレジットカードの使いすぎ防止方法

クレジットカードで支払いをしてしまうと、その場で支払うわけではないので自分が使った額がわかりにくく、ついつい使いすぎてしまうことはありませんか?

私はネットショッピングをするのにお得なカードや、日常的に普通銀行で使うカードや、ポイント還元が多いカードなど、クレジットカードを何枚も持ち、それぞれ分けて使うことで別に請求が来て、余計に自分がいくら使ったよくわからなくなることもありました。

そうするともちろん、翌月は請求額にびっくりして慌ててしまい、節約どころの騒ぎじゃなくなりますよね…。それでもまたクレジットカードで同じ失敗をしてしまう、という繰り返しも経験したことはありませんか?

このように「使った額がわからないため使いすぎてしまう」というということをなくすためには、「そもそもクレジットカードを使わないこと」が一番良いのはもちろんですが、もし使うとしたらやはり1枚にして支払い請求を一本化すると使い過ぎがわかりやすく、節約に結びつきますよ。

ついつい作ってしまったけれど使っていない余計なクレジットカードを持っているだけでも年会費もかかるため、そういうカードは思い切って解約してみることもお勧めします。

また、クレジットカードの利点としては海外旅行などで使えることや、ポイントが溜まることも挙げられるので、積極的な活用もお得になったり、節約に繋がることもあります。

しかし、くれぐれも使い過ぎには注意ですよ!クレジットカードは未来の自分への借金には違いがありません。自分を大切にするためにも、その月のお金でやりくりすることも考慮にいれてみることも大事です。

まずは、「クレジットカード」自体を恐れるのではなくて、「節約の意識を持ってお金を使う」という意識を大切にしていけるといいですよね。

Tags: ,