一定以上のキャッシングには収入を証明する必要がある

消費者金融や銀行カードローンなどの手続きは、スマホの登場によりとても簡単に出来るようになりました。

少額の借入であれば免許証などの身分証明書があれば申し込むことができ、消費者金融では即日融資も可能です。

ただし一定額以上の借入となると自身の収入を証明する必要が出てくるので注意が必要です。

これは消費者金融における総量規制という決まりによるもので、貸金業者からの借入は利用者の年収の1/3 までと決められているのです。

そのため借入額が大きくなると収入を確認する必要があり、大手消費者金融では50万円を超える貸付に対しては利用者に収入証明書の提出を求めています。

一方で銀行カードローンは消費者金融と同様の商品を扱っていますが、貸金業者ではないため総量規制の対象とはなりません。

しかし貸付に対して独自の基準を設けているところが多く、貸し倒れのリスクを避けるため、やはり50万円以上の貸付で収入証明書を提出する必要のあるという銀行も多くあります。

Tags: , ,