銀行カードローンの事実上の総量規制の導入

2017年に社会問題になった銀行カードローンの過剰融資問題から、全国銀行協会は各銀行に自主規制を要求しました。

銀行カードローンは消費者金融カードローンとは違い総量規制が導入されていませんでしたが、全国銀行協会の自主規制の要求によって消費者金融カードローンの総量規制とほぼ同じレベルの貸付規制が導入されたと言っていいでしょう。

その上2018年から銀行カードローンは即日融資ができなくなったので、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、金利の高い安いだけになってしまったという言い方もできるでしょう。もちろん返済に大きな影響を与える金利が安い銀行カードローンは、優先して検討する価値はあります。