利用目的の申告においてキャッシングは大変有利に

キャッシングの審査の際、より借入額が重いカードローンと比べてあまり考慮しなくて済むのは、その利用目的でしょう。

キャッシング・カードローン共に審査において重視されるのは利用希望者の安定した収入や身分といった事項。ただ借入額が高額なカードローンの場合、その利用目的を簡単に申告したり、選択肢の中から選ばなければならない消費者金融や銀行も多く、借入れに対するハードルが若干上がるのは覚悟しなければなりません。

一方キャッシングであれば1回の契約で借入するのはせいぜい10万円までであり、特別厳しくその利用目的を追求される事はありません。多くの利用者がちょっとした買い物資金やレジャー、喫緊の出費等の資金として利用したい、という事は分かっていますし、余程の事が無い限り楽に返済可能な範囲でもあるからです。

ちなみに自分の収入等の条件が悪く、キャッシングでさえも審査に落ちる可能性を心配しなければならないのであれば、無理して希望限度額を引き上げる様な行為は止め、無理無く返済可能な限度額に留め、申し込むのがベストでしょう。

キャッシングでも無理な高額を借入したい時は素直にカードローンを利用すべきですが、その利用目的が無理無く、また真っ当なものであるかを十分吟味し、自分の中で納得出来た時点で申し込むべきです。