総量規制に引っかかるのが専業主婦

ここからご記入ください。悪名高い総量規制は、2010年に貸金業法が改正されて始まりました。これは、借入が年収の3分の1までしかできないというものです。それまで自由に借りられていた専業主婦の方は、一転して消費者金融では借りられなくなったのです。さらに新規の借入なら50万以上、複数社から借り入れている場合は合計100万円を超える場合、収入証明書の提出が義務づけられたのです。これにより直接収入のない専業主婦は消費者金融では借りられず、闇金に流れるという本末転倒な事態となったのです。

しかし専業主婦の方でも、全く借りられないわけではありません。総量規制は消費者金融と信販会社を対象としており、銀行は対象外となっているのです。ですから銀行カードローンの多くが、専業主婦も貸付対象としているのです。ただし専業主婦は収入がないために、30万円程度の融資限度額となっています。もちろん配偶者の同意や収入証明書は不要なので、配偶者に内緒で借りられます。

なお消費者金融でも、総量規制の対象外となる融資があります。それがおまとめローンで、年収の3分の1までという制限がなくなるのです。貸金業法は利用者の保護を目的に制定されているので、利用者に一方的に有利となる借り換えまでも禁止していないというわけです。

Tags: , ,