金利が低いからといって借金が減っている訳ではない!

キャッシングローンを契約する際、必ず金利条件を重視する筈です。例えば、消費者金融のカードローンに比べ、銀行カードローンの方が最低でも約3%ほど低くなります。そのため、利息が少なくて済むことになります。

ですが、金利が低いからといって、借金自体が減る訳で訳ではありません。金利による影響は、発生する利息が抑えられるため、将来的に支払う総返済額が少なくなるだけであり、申し込み時点や借り入れ期間中に発生していないことを認識する必要があります。

如何に金利が低くても、返済期間が長くなる可能性がある他、収入が減り返済が苦しくなることも考えられます。そのため、金利が低い場合、差額分を返済に充てられると考えるのが重要です。例えば、単純計算で10万円を借り入れ金利差が3%だった場合、銀行カードローンなら1ヶ月分の最低返済額よりも高くなります。つまり、金利が下がった分は返済に当てることでより効率的かつ返済額を抑えられることになります。また、将来の不安要素を減らすことにも繋がります。

金利が低いからといって、生活に余裕を持たせられると考えるよりも、返済に充てられる余裕が増えると考えることの方が重要となります。キャッシングを検討する際は、効率の良い返済を考えることをおすすめします。

Tags: ,