キャッシング比較サイトは便利です。

最近は色々な会社がキャッシングのサービスを提供しています。

サービス内容はどの会社も似たようなものなのですが、利用者にとって一番重要なのは金利だと思います。

金利が低ければ低いほど返済時の負担も減るのでキャッシングを利用する側にとっては重要です。

ただキャッシングサービスを提供している会社は無数にあるので会社ごとに金利をいちいち調べていてはとても手間がかかります。

こういうときに便利なのがキャッシング比較サイトです。

キャッシング比較サイトは色々な会社の金利を一覧で表示しているのでどの会社が一番低い金利なのか一発で分かります。

検索エンジンでキャッシング比較と検索すればすぐに見つけることができますし、無料で誰でも利用することができます。

ただ気をつけなければいけないこともあります。

一般的に金利が低く設定されている会社は申し込み時の審査が厳しいという特徴があります。

金利が低く設定されていても審査で落とされてしまってはどうにもならないので注意が必要です。

逆に金利が高く設定されている消費者金融は審査に通過しやすいといわれています。

確かに金利が高ければ返済時の負担は増えますが迅速な審査でお金を貸してくれるので急いでお金が必要なときには助かる存在です。

キャッシングは主婦でもできます

家計管理をしているので主婦というご家庭も多く、やはりお給料日前になると生活費でいっぱいになり、やりくりが大変だと感じている方も多いです。そうした場合、キャッシングが利用できると、必要な分をすぐに借り入れできるのにな〜と感じる方も多く、主婦でもキャッシングは利用できるかどうか気になるケースも多々あります。

銀行系のキャッシングは、主婦も申し込み対象になっているので、申し込み時にはご主人のサインも不要でうし、保証人なども必要なく、本人確認できる証明書をカメラアプリで撮影してメールやWebへ添付すれば良いので手軽に申し込みができます。

収入証明書も不要で、健康保険証のコピーを提出するケースが多く、家族に内緒でキャッシングの手続きができるので便利です。銀行ATMからスピーディに手続きすることも可能ですし、機械操作が苦手な方もATMはタッチパネル操作ができるので、活用しやすいです。

本人確認もすぐできますし、審査結果も早ければ40分ほどでわかるのでATMで行うのも便利です。キャッシングが発行されたら、すぐ融資を受けることができるので必要な分を借り入れできるのは、何かと便利ですし、ちょっとお金が必要な時にキャッシングで準備できると安心感があります。

アルバイトが利用するのにオススメのカードローン2選

アルバイトはカードローンを利用する事が出来ないというイメージがありますが、審査が可決されるポイントは安定した収入があるかどうかです。アルバイトでも月々に一定の収入があれば審査が可決されてカードローンを利用する事が出来ます。そこでアルバイトが利用するのにオススメのカードローンを紹介していく事にしましょう。

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは大手銀行のカードローンなのでアルバイトでも安心して利用する事が出来ます。アルバイトへの貸付も積極的に行っていて上限金利も14.6%と低くく設定されています。運転免許証を持参して店舗の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が即日回答されてその場でキャッシングカードが発行されます。その後すぐにATMでお金を借りる事が出来るので融資スピードも優れています。

・楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンでスマホですべての手続きをする事が出来ます。来店不要でお金を借りる事が出来るので利便性の高いカードローンになります。上限金利も14.5%と低く設定されているのでアルバイトが利用してもあまり負担がかかりません。しかし申し込みから借り入れまで数日かかってしまう事が多いので注意が必要です。

キャッシングを比較するポイント

キャッシングは今では昔のようにダークなイメージはなく明るいコマーシャルなどの宣伝もあってずいぶんとクリーンなイメージとなりました。

しかしお金を借りることには変わりありません。少しでも有利に利用できるようにしっかりと下調べをしておく必要があります。

■低金利であること

まずは何といっても第一に少しでも低金利であることです。ネットなどで各消費者金融会社の金利が一目で確認できるサイトがあるので

自分が利用したい消費者金融会社の金利は他と比べてどうなのか必ず確認しておきましょう。

■最高金利で比較する

よく消費者金融会社のサイトでは金利が最低○○%~最高○○%というような表示がされていますよね。

まずほとんどの方が最高金利が適用されるということを覚えておきましょう。

最低金利は利用限度額の上限いっぱいまで借り入れをしないと適用されることはまずありません。

■サービス内容で比較

各消費者金融ともに、さまざまなサービスを設けています。その中でも自分に一番有利に利用できるサービスを実施している会社を選びましょう。

初めてキャッシングを利用する方ならば、一定の期間、無利息で借りることができるサービスが大変おトクとなります。

この他にも各消費者金融によって借り入れ、返済方法などが違いますので実際にシュミレーションをして

自分にどの消費者金融が一番合うのか比較をし、しっかりと下調べをしてからキャッシングは利用しましょう。

クリスマスやお正月にキャッシングを利用する予定がある人は注意が必要

いつでも手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、年末年始というシーズンは消費者金融の業者も休みに入ってしまうので、このシーズンにキャッシングを新規で申し込むのは不可能になります。

もちろん、キャッシングの申し込み自体は受け付けてはもらえるのですが、審査やローンカードの発行は年が明けてからのことになってしまうので年末年始には事実上、新規の人のキャッシングの利用はストップしてしまうことになるのです。

ただし、年末年始にキャッシングを利用したいというのであれば、前もって取り敢えずキャッシングの申し込みを済ませておくことで年末年始に融資を受けることも可能です。あらかじめローンカードを作っておけばATMですぐにキャッシングができるからです。

総量規制対象外のカードローンにも変化が訪れている

消費者金融や信販会社は、貸金業法に基づく融資を行っているので、総量規制の影響を受けて借入総額を年収の1/3以内とする必要があります。一方、貸金業法以外の法律に基づく融資ならば総量規制対象外となるので、銀行法に基づく銀行カードローンや信用金庫法に基づく信用金庫のカードローンについては、審査に通過出来れば年収の1/3を上回る融資が可能とされているわけです。

しかし、銀行カードローンによる過剰貸付が取り沙汰されるようになり、多重債務者により自己破産件数が増加している状況下では、銀行カードローンに対しても自主規制を行う流れが3大メガバンクを中心として起きています。

自主規制により年収の1/3を超える融資を行わないように調整しようとする流れです。最も影響を受けやすい状況に置かれるのが、専業主婦であって本人に収入が無い以上は、配偶者貸付に頼るしかありません。現実的には配偶者貸付に頼れずに、闇金に走る人が出てしまう状況が生まれるキッカケとなるので、法規制がかけられる前に3大メガバンクは自主規制という形で貸しすぎを抑制することにしたと考えられます。

個別の状況を汲み取った上で、柔軟な融資が行える状況となれば、多重債務者となる前に歯止めをかけられる可能性があります。

学生のキャッシングについて

通常の大手の消費者金融会社の会社では、基本的には学生の方は利用できないことになっています。それでも次のような条件をクリアすれば、実は学生の方でも消費者金融のキャシングが可能になることがありますので、是非覚えておきましょう。

一つ目は、一定の定期収入があることです。この一定の定期収入というのは、明確な決まりがあるわけではなく会社ごとに審査ベースになりますので、申し込みしだいということになります。それでも大よその基準としては、アルバイトとして数年同じ職場で働いている、毎月同じぐらいの収入があるというのが条件です。ただ、同じ学生といっても、大学生や専門学校生でかなりアルバイトに精を出している方や、夜間学生で普段働いている方などであればかなり可能性は高いです。ただ限度額は低めに設定されていることがおおいです。

二つ目は、親の同意がある場合です。多くの金融会社では未成年保護法の観点から親の同意を必要とする場合があります。大手の消費者金融会社では断られてしまう方でも中小の会社で親の同意があれば、少ない限度額で借りれるなどの措置がある場合があります。

三つ目が、実は未成年でも結婚していればよいというルールがあります。そのため、学生という身分でも結婚してれば、成人に見なされるのでこれも相談次第で可能になる可能性が高いです。

最後に、もう一つの方法は消費者金融会社で難しい場合は、クレジットカードのキャッシング枠で借りることが最後の手段です。こちらも金利が高いので学生の方はできれば最後の手段として活用しましょう。