キャッシング業者は比較して選ぼう

これからキャッシングサービスを利用しようと考えている方で、お金を借りることに対して不安を感じている方もいるかもしれません。キャッシングサービスは、ルールと残債管理をすることができれば安全にかつ便利に利用することができるサービスですので、ぜひ安心して利用してみてください。

とはいえ、お金を借りることになりますから十分に返済能力と借入金額を考慮して、無理のない範囲で利用することが大事です。負担を少しでも軽減するために、借り入れを受ける業者は十分に比較をするべきです。業者ごとに借り入れにかかる利息利率に差がありますので、お得に借りられる業者を探しましょう。中には期間限定で借入利息利率がかなり低く、あるいは無利息で設定されていることもありますので、いろいろ探してみましょう。

一時的な出費に備えてキャッシグ

お金を借りる行為として、人から借りるとそこで利息以上の貸しを作ってしまいます。生活費など一時的に出費が増えたり、冠婚葬祭や自動車の車検費用など毎月分割して支払いが出来ない費用もそこにはあります。そう言ったケースに借り入れを手軽に出来るのは消費者金融会社などのキャッシングであり、街のいたる所にATMの機械があり借り入れや返済がスムーズに行えまう。

銀行よりも借り入れ審査のハードルも低い為本当に困ったケースで至急必要な場合など、色々な困ったケースでお金を用意する事が出来ます。普段から備えて居る人は良いのですが、中々普段の生活でゆとりがもてないお金の話であれば消費者金融会社を利用する選択肢もありそうです。

キャッシングの増額申込みのタイミング

キャッシングの審査に通っても、自分が思っていたよりも少ない利用限度額が設定されるということは少なくありません。もう少しお金を借りたいと思う場合には増額申し込みをする必要があります。ただし増額申込みはすればいいというものではなく、増額申込みが通りやすいタイミングがあることを知っておきましょう。

増額申込みは新規でキャッシングを申込んだあと、すぐというわけにはいきません。少なくても半年以上は申込みを待った方がいいと思われます。その半年の間に利用実績としっかりした返済をしていれば増額申込みをしても審査に通る可能性が高くなります。そして、もうひとつのタイミングとしてキャッシング業者から増額の案内が来ることがあります。この場合はほぼ間違いなく増額することができるでしょう。

キャッシング業者で総量規制対象外のところはある?

キャッシングの借入が複数社にのぼってしまうと気になるのは総量規制。かと言って総量規制対象外である銀行カードローンは2018年より即日融資が難しくなってしまったため、スピーディーさを求める場合はキャッシング業者の中から借りられるところを探している方は多いでしょう。

総量規制対象外のキャッシング業者はあるものの、大手ではないため金利が高いなど心配してしまう点も多いのが現実。そこでおまとめローンという選択肢をオススメします。

複数社の借り入れが膨らむと毎月の返済が膨れ上がってしまうものですが、おまとめローンならば総量規制対象外ですし、毎月の返済を軽減することにもつながります。大手のキャッシング業者の中でもアイフルではこのおまとめローンがありますし、金利も通常のキャッシングより低くできる可能性も。

まずはwebで通常通り申込みをし、審査時に「おまとめローンにしたい」などと相談すればOKです。ぜひお試しください。

キャッシングに加えてカードローンを使って資金を確保するには

お金が必要になった場合に資金調達手段としてキャッシングが広く活用されています。その他にも、カードローンというキャッシングとよく似たサービスもありますので、キャッシングに加えてカードローンも使っておきますと様々な場面で活躍してくれるでしょう。カードローンを使う利点は、限度額内で借り入れをして自由に使える事とローン契約機が銀行の支店内に設置されているケースが多い事、銀行などが貸し出している場合には総量規制の対象にはならない事です。

キャッシングとカードローンは平行して使う事ができ、その2つのローンの総限度額による総量規制は実施されません。貸金業法の下で運営している消費者金融会社の融資と総量規制の影響を受けない銀行の融資を一緒に使う事でお互いの弱点を補い、資金調達手段として活用出来ます。

主婦が活用しやすいキャッシングサービスとは

キャッシングは、年齢条件や収入条件が当てはまっていれば、男女問わずに利用する事が出来る融資サービスです。しかし、女性が消費者金融会社でお金を借りるには、色々とハードルがありますので、より利用し易いように消費者金融会社ではレディースローンという融資サービスを提供しています。

レディースローンは主婦が利用するのに適した融資サービスであり、スタッフも女性が担当していますので、ユーザーが何か相談をしたい事があった場合、相談がし易い環境が整っています。サービス自体はキャッシングと同じ内容であり、借り入れしたお金を使う時に利用制限はありませんが、限度額が年収に応じて設定されますのでその限度額までしかお金を借りられない事に注意する必要があるでしょう。

カードローンは支払い総額で比べて初めてお得かどうか分かります

例えばプロミスとオリックス銀行カードローンで10万円借りた時の金利は年17.8%です。金利が同じだから返済総額も同じだと思ったら大間違いです。最低返済額のみを返済した場合、オリックス銀行カードローンの支払い総額が113006円なのに対し、プロミスは125403円とプロミスの方が支払い総額が多くなるのです。

なぜ金利が同じなのに支払い総額に差が出るのかと言うと、毎月の最低返済額がオリックス銀行カードローンが7000円なのに対し、プロミスは4000円だからです。毎月の返済額が倍ほど違うので、オリックス銀行カードローンが17ヶ月で、プロミスは32ヶ月で完済することになります。ですから金利を見てカードローンを選んでも、本当にお得かどうかは分からないのです。