クリスマスやお正月にキャッシングを利用する予定がある人は注意が必要

いつでも手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、年末年始というシーズンは消費者金融の業者も休みに入ってしまうので、このシーズンにキャッシングを新規で申し込むのは不可能になります。

もちろん、キャッシングの申し込み自体は受け付けてはもらえるのですが、審査やローンカードの発行は年が明けてからのことになってしまうので年末年始には事実上、新規の人のキャッシングの利用はストップしてしまうことになるのです。

ただし、年末年始にキャッシングを利用したいというのであれば、前もって取り敢えずキャッシングの申し込みを済ませておくことで年末年始に融資を受けることも可能です。あらかじめローンカードを作っておけばATMですぐにキャッシングができるからです。

総量規制対象外のカードローンにも変化が訪れている

消費者金融や信販会社は、貸金業法に基づく融資を行っているので、総量規制の影響を受けて借入総額を年収の1/3以内とする必要があります。一方、貸金業法以外の法律に基づく融資ならば総量規制対象外となるので、銀行法に基づく銀行カードローンや信用金庫法に基づく信用金庫のカードローンについては、審査に通過出来れば年収の1/3を上回る融資が可能とされているわけです。

しかし、銀行カードローンによる過剰貸付が取り沙汰されるようになり、多重債務者により自己破産件数が増加している状況下では、銀行カードローンに対しても自主規制を行う流れが3大メガバンクを中心として起きています。

自主規制により年収の1/3を超える融資を行わないように調整しようとする流れです。最も影響を受けやすい状況に置かれるのが、専業主婦であって本人に収入が無い以上は、配偶者貸付に頼るしかありません。現実的には配偶者貸付に頼れずに、闇金に走る人が出てしまう状況が生まれるキッカケとなるので、法規制がかけられる前に3大メガバンクは自主規制という形で貸しすぎを抑制することにしたと考えられます。

個別の状況を汲み取った上で、柔軟な融資が行える状況となれば、多重債務者となる前に歯止めをかけられる可能性があります。

学生のキャッシングについて

通常の大手の消費者金融会社の会社では、基本的には学生の方は利用できないことになっています。それでも次のような条件をクリアすれば、実は学生の方でも消費者金融のキャシングが可能になることがありますので、是非覚えておきましょう。

一つ目は、一定の定期収入があることです。この一定の定期収入というのは、明確な決まりがあるわけではなく会社ごとに審査ベースになりますので、申し込みしだいということになります。それでも大よその基準としては、アルバイトとして数年同じ職場で働いている、毎月同じぐらいの収入があるというのが条件です。ただ、同じ学生といっても、大学生や専門学校生でかなりアルバイトに精を出している方や、夜間学生で普段働いている方などであればかなり可能性は高いです。ただ限度額は低めに設定されていることがおおいです。

二つ目は、親の同意がある場合です。多くの金融会社では未成年保護法の観点から親の同意を必要とする場合があります。大手の消費者金融会社では断られてしまう方でも中小の会社で親の同意があれば、少ない限度額で借りれるなどの措置がある場合があります。

三つ目が、実は未成年でも結婚していればよいというルールがあります。そのため、学生という身分でも結婚してれば、成人に見なされるのでこれも相談次第で可能になる可能性が高いです。

最後に、もう一つの方法は消費者金融会社で難しい場合は、クレジットカードのキャッシング枠で借りることが最後の手段です。こちらも金利が高いので学生の方はできれば最後の手段として活用しましょう。

キャッシング業者は比較して選ぼう

これからキャッシングサービスを利用しようと考えている方で、お金を借りることに対して不安を感じている方もいるかもしれません。キャッシングサービスは、ルールと残債管理をすることができれば安全にかつ便利に利用することができるサービスですので、ぜひ安心して利用してみてください。

とはいえ、お金を借りることになりますから十分に返済能力と借入金額を考慮して、無理のない範囲で利用することが大事です。負担を少しでも軽減するために、借り入れを受ける業者は十分に比較をするべきです。業者ごとに借り入れにかかる利息利率に差がありますので、お得に借りられる業者を探しましょう。中には期間限定で借入利息利率がかなり低く、あるいは無利息で設定されていることもありますので、いろいろ探してみましょう。

一時的な出費に備えてキャッシグ

お金を借りる行為として、人から借りるとそこで利息以上の貸しを作ってしまいます。生活費など一時的に出費が増えたり、冠婚葬祭や自動車の車検費用など毎月分割して支払いが出来ない費用もそこにはあります。そう言ったケースに借り入れを手軽に出来るのは消費者金融会社などのキャッシングであり、街のいたる所にATMの機械があり借り入れや返済がスムーズに行えまう。

銀行よりも借り入れ審査のハードルも低い為本当に困ったケースで至急必要な場合など、色々な困ったケースでお金を用意する事が出来ます。普段から備えて居る人は良いのですが、中々普段の生活でゆとりがもてないお金の話であれば消費者金融会社を利用する選択肢もありそうです。

キャッシングの増額申込みのタイミング

キャッシングの審査に通っても、自分が思っていたよりも少ない利用限度額が設定されるということは少なくありません。もう少しお金を借りたいと思う場合には増額申し込みをする必要があります。ただし増額申込みはすればいいというものではなく、増額申込みが通りやすいタイミングがあることを知っておきましょう。

増額申込みは新規でキャッシングを申込んだあと、すぐというわけにはいきません。少なくても半年以上は申込みを待った方がいいと思われます。その半年の間に利用実績としっかりした返済をしていれば増額申込みをしても審査に通る可能性が高くなります。そして、もうひとつのタイミングとしてキャッシング業者から増額の案内が来ることがあります。この場合はほぼ間違いなく増額することができるでしょう。

キャッシング業者で総量規制対象外のところはある?

キャッシングの借入が複数社にのぼってしまうと気になるのは総量規制。かと言って総量規制対象外である銀行カードローンは2018年より即日融資が難しくなってしまったため、スピーディーさを求める場合はキャッシング業者の中から借りられるところを探している方は多いでしょう。

総量規制対象外のキャッシング業者はあるものの、大手ではないため金利が高いなど心配してしまう点も多いのが現実。そこでおまとめローンという選択肢をオススメします。

複数社の借り入れが膨らむと毎月の返済が膨れ上がってしまうものですが、おまとめローンならば総量規制対象外ですし、毎月の返済を軽減することにもつながります。大手のキャッシング業者の中でもアイフルではこのおまとめローンがありますし、金利も通常のキャッシングより低くできる可能性も。

まずはwebで通常通り申込みをし、審査時に「おまとめローンにしたい」などと相談すればOKです。ぜひお試しください。