J.Score(ジェイスコア)では仮審査が本番

J.Score(ジェイスコア)では仮審査と本審査というものがあります。

仮審査を受ける前にスコア診断を受ける必要があるのですが、仮審査を受けられる状況だった場合にはそこが本番だと思います。

通常は仮審査と本審査では、本審査の方が本番だと思うかもしれませんが、審査のほとんどは仮審査で済んでしまっています。

本審査に関しては、確認作業をするのみであり、在籍確認をするとかそういったことになるのです。

だから、事前に嘘をついていなければ、問題なくそのまま通過する可能性があります。

本審査で落ちるケースはないわけではありませんが、あまり多くはないでしょう。

J.Scoreでは仮審査が本番でそれに通過できるか?どうかが重要ということなのです。

キャッシングの審査に落ちた理由は教えてもらえるのか?

キャッシングの申し込みをした後に、審査に入るわけでありますが、審査に落ちてしまうようなケースの場合、理由は教えてもらえるのでしょうか?

結論から言いますと、審査に落ちた時には理由はまず教えてもらえません。

基本的に審査内容というのは会社の内部時効にかかわることでありますので、申し込みをしたとしても教えてもらることはないのです。

審査の際になぜ落ちたのかというのは自分で考えて突き止めるしかないようです。

事情に関しては、インターネットである程度落ちた理由を調べることもできますし、自分の借金の状況などをもう一度調べることによって追求することは可能ですので、

落ちた際には、一度自分自身を見直してみるといいでしょう。

キャッシングの審査は怖くない!

初めてキャッシングする人の一番の不安と言えば、審査に通るかどうかでしょう。

落ちたらどうしよう。心配なのでわ?

大丈夫!必要以上に心配しなくても、普通に働いて、頑張っている人ならだいたいは通ります!怖がる必要はないんです!

審査に通る一番のポイントは、安定した収入があり、きちんと返済ができるかです。

それには自信がある!という人なら大丈夫です。一度、勇気を出して申し込んでみましょう!

あとは、よく聞くブラックリストに載っているかどうか。本当に黒いリストが存在するわけではありません。

信用情報というものに、金融事故が記載されているので、そこに事故情報が記録されていると審査には通りません。事故だけでなく、他の金融機関からの借り入れ額も記載されているので、件数や額が大きければ通りません。

これもない!と思えば、ほぼ通るので心配はいりませんよ!

キャッシング業者はどうして審査の情報を手に入れられるのか

キャッシング業者などが審査をする時にこちらの金融情報などをそれなりに把握しているということを経験したことがある人も多いでしょう。どうしてそんなことができるのか、ということになりますがこれは指定信用機関というところに情報を提供してもらうということができるようになっているからです。

つまりは、それによって個人の信用情報というのを調べることが金融機関とか金融業者には割と容易にできたりするようになっています。プライバシーの侵害ではないかということにはなってしまうのですが、これは法律的に認められていることになりますから仕方ない部分はあります。しかしながら、そもそも審査にはそのての情報がないと難しいということもありますからよく覚えておくと良いでしょう。

キャッシングの審査は転職によって変わることもある

昔はキャッシングの審査はスムーズに通っていたような人であっても、転職をすることによってスムーズに通らなくなることというのがあります。ですから、昔キャッシングにスムーズに審査が通ったからといって、今現在もスムーズに通るだろうという思い込みは避けなければなりません。

審査の基準はキャッシング会社によって異なりますから、一概にこの仕事であれば通りやすいということはいえませんし、その会社ならではの判断もあるでしょう。ですが、安定した収入の人で、定職についているような人であれば審査に通る可能性は高くなるので、やはりどのキャッシング会社を利用するにしても安定した収入があるというのは大事になってくるでしょう。

初めてカードローンに申し込む場合の審査について

消費者金融のカードローンの申し込み審査で、最も重要視されるのは、借り手の信用度です。

カードローンへの申し込み条件は、20歳以上で安定した収入があること。毎月きちんと収入があれば、年収はそれほど重要視されません。カードローンでは、年収を考慮して借入限度額が決まるので、年収が低いから審査に通らない、ということはありません。

アルバイトや派遣社員など、収入が低い非正規の労働者であっても、同じ職場で長く働いている人は安定性が高いとみなされ、信用度が上がります。

カードローンの審査で、厳しくチェックされるのは、過去や現在の借り入れ、返済状況です。複数の金融機関を利用していたり、他の金融機関で滞納していたりすると、信用度が低くなり、審査に通りにくくなります。初めて利用する人は、そういった審査に不利となる条件が少なく、また、安定した顧客となる可能性があるため、審査に通りやすいと言われています。ただし、信用度は未知数でもあるので、借り入れ限度額が50万円を超えることは少ないようです。

本人確認でキャッシングしたことがバレてしまう可能性

キャッシング会社が申請者がホントに勤務している人かどうか確認するためにするのが本人確認です。

だいたいの場合、会社に連絡がいくのですが、相談すれば別の手段で本人確認をしてくれるキャッシング会社もあるようですね。

最近多いのは書類審査でしょうか。

申請者に指定の身分証と給料証明書などを持ってきてもらって、いくらもらっているのか、どのような人なのかを審査するパターンですね。

書類審査だけで済むのであれば、周囲の人にキャッシングしていることもバレないし、自分の希望にも合っているので安心して使えます。

給料が充分ではないとはじかれるケースもあるようですが、まず、企業に勤めてる人なら安心でしょう。

パート・アルバイトをしている人は長く働いていて返済可能であることが認められたら軽く審査が下りたりします。