キャッシング業者はどうして審査の情報を手に入れられるのか

キャッシング業者などが審査をする時にこちらの金融情報などをそれなりに把握しているということを経験したことがある人も多いでしょう。どうしてそんなことができるのか、ということになりますがこれは指定信用機関というところに情報を提供してもらうということができるようになっているからです。

つまりは、それによって個人の信用情報というのを調べることが金融機関とか金融業者には割と容易にできたりするようになっています。プライバシーの侵害ではないかということにはなってしまうのですが、これは法律的に認められていることになりますから仕方ない部分はあります。しかしながら、そもそも審査にはそのての情報がないと難しいということもありますからよく覚えておくと良いでしょう。

キャッシングの審査は転職によって変わることもある

昔はキャッシングの審査はスムーズに通っていたような人であっても、転職をすることによってスムーズに通らなくなることというのがあります。ですから、昔キャッシングにスムーズに審査が通ったからといって、今現在もスムーズに通るだろうという思い込みは避けなければなりません。

審査の基準はキャッシング会社によって異なりますから、一概にこの仕事であれば通りやすいということはいえませんし、その会社ならではの判断もあるでしょう。ですが、安定した収入の人で、定職についているような人であれば審査に通る可能性は高くなるので、やはりどのキャッシング会社を利用するにしても安定した収入があるというのは大事になってくるでしょう。

初めてカードローンに申し込む場合の審査について

消費者金融のカードローンの申し込み審査で、最も重要視されるのは、借り手の信用度です。

カードローンへの申し込み条件は、20歳以上で安定した収入があること。毎月きちんと収入があれば、年収はそれほど重要視されません。カードローンでは、年収を考慮して借入限度額が決まるので、年収が低いから審査に通らない、ということはありません。

アルバイトや派遣社員など、収入が低い非正規の労働者であっても、同じ職場で長く働いている人は安定性が高いとみなされ、信用度が上がります。

カードローンの審査で、厳しくチェックされるのは、過去や現在の借り入れ、返済状況です。複数の金融機関を利用していたり、他の金融機関で滞納していたりすると、信用度が低くなり、審査に通りにくくなります。初めて利用する人は、そういった審査に不利となる条件が少なく、また、安定した顧客となる可能性があるため、審査に通りやすいと言われています。ただし、信用度は未知数でもあるので、借り入れ限度額が50万円を超えることは少ないようです。

本人確認でキャッシングしたことがバレてしまう可能性

キャッシング会社が申請者がホントに勤務している人かどうか確認するためにするのが本人確認です。

だいたいの場合、会社に連絡がいくのですが、相談すれば別の手段で本人確認をしてくれるキャッシング会社もあるようですね。

最近多いのは書類審査でしょうか。

申請者に指定の身分証と給料証明書などを持ってきてもらって、いくらもらっているのか、どのような人なのかを審査するパターンですね。

書類審査だけで済むのであれば、周囲の人にキャッシングしていることもバレないし、自分の希望にも合っているので安心して使えます。

給料が充分ではないとはじかれるケースもあるようですが、まず、企業に勤めてる人なら安心でしょう。

パート・アルバイトをしている人は長く働いていて返済可能であることが認められたら軽く審査が下りたりします。

キャッシングをしたい主婦の借り入れ限度額は?

働いている主婦の場合、収入に応じて借入限度額が異なります。上限は年収の1/3ですので、パートで月数万円しか稼いでいないのならそれほど高額の借入はできません。

収入から返済することが前提ですので、月5万円程度のパート代なら年収は60万円ですので上限は20万円になります。借りる時には良いですが、返済のことも考えればあまり高額を借りてしまっては返済が大変になってしまいます。そう考えれば十分な額と言えるでしょう。

専業主婦のように無収入の主婦でも、一部の銀行カードローンなどはキャッシングを利用することができます。これは妻が無収入でも夫の支払い能力から借りることができるためです。ただどの業者でも専業主婦が借りられるわけではありませんし、夫の収入で生活をしているのならのちのちのトラブルを避けるためには夫にまず相談することが大切ですね。専業主婦が借りる場合には、夫の同意が不要で借りることが出来てしまいます。夫の収入で暮らせているイコール返済能力があるとみなされるわけですね。

ですがその分、限度額の上限はあらかじめ決まっています。夫が高収入であったとしても、通常は30万円から50万円程度までしかキャッシングを利用することはできないと業者それぞれに定められています。

キャッシングの限度額で選ぶ

キャッシングを選ぶ際の条件は人それぞれですが、さまざまな条件の中でも意外と重要なポイントが限度額に関しての条件です。

融資限度額は大きければ大きいほど良いと思われていますが、実際には限度額が少ないほうがキャッシングを利用する際に有利になるケースもあります。

特に限度額の高さに比例して審査の条件も変わってくるため、特に限度額の高めなキャッシングの場合には収入面での審査に影響がでます。

その反面限度融資額が低めのキャッシングのサービスは、収入面での審査が緩かったり収入証明書が不要であったりするメリットがあるため、低所得者層に対して大きなメリットがあります。

また借りられる限度額が低ければ、キャッシングを利用し過ぎることも避けることができるため、低所得者でも計画的な返済を行うことが容易になります。

こういった限度額と収入面での釣り合いを考慮していくことによって、自身の身の丈にあった金融会社のキャッシングローンを選ぶことができるので、まずは自分自身の収入がどの程度安定していて、どれだけの融資限度額が最適かを知ることから始めましょう。

収入と限度額の釣り合いの取れたサービスを利用すれば、生活にキャッシングを無理なく役立てていくことも簡単です。

消費者金融の審査で外せない3つのポイント

消費者金融の審査は一定の基準がありますが、実際に中身を公表しているわけではないのでどのような点が基準になっているのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の審査で外せないポイントがあるのでしっかり確認しておきましょう。

・継続的に収入がある

消費者金融はいくつかの評価項目をスコアリングして行いますが、まず外せないのが収入面になります。年収が高い方がもちろん良いですが、継続的に収入があるという点がポイントになってきます。継続的に収入を得ていればしっかり返済してくれると判断されるので審査が可決される可能性も高くなります。

・申し込みは1社だけ

消費者金融でキャッシングをする時に審査に落ちても大丈夫なように何社にも申し込みをしてしまう人がいます。しかし何社にも申し込みをしてしまうと申し込みブラックと判断されてしまい審査が可決されにくい状態になってしまいます。それにより申し込みを1社だけにする点も消費者金融の審査で外せないポイントになってきます。

・勤続年数が1年以上

消費者金融の審査では勤続年数を重視しますが、1年未満だと仕事をすぐ辞めている人と判断されるので審査に落ちてしまう可能性が高くなります。勤続年数が1年以上ある点も消費者金融の審査で外せないポイントになってきます。