中小の消費者金融のビジネスローンを使うメリットについて

ビジネスローンを展開している少子や金融というのはなかなか少ないですが、中小の消費者金融でも

ある程度は扱っているような状況があります。

これらのところでビジネスローンを使うメリットがあるとすればやはり審査通過がしやすいところでしょう。

ただでさえ顧客のいない中小であり、なおかつ利用者の少ないビジネスローンであれば、顧客の確保のために審査を緩くしていますので

審査に通過できる可能性というのは高くなります。

また、あとちょっとというところでお金が足りないといったときに、少しの資金の融通か聞きやすいのもこういったところの特徴ですので

すぐに少額の融資を受けたいときには、利用する価値は大きいのではないかと思われます。

消費者金融の紹介屋に注意しよう

たまに話題になったりするのですが、消費者金融について紹介をする紹介屋という存在をご存知でしょうか?

紹介屋は、お金に困っている人はターゲットにしており、お金をかしてくれる会社を紹介する代わりに

紹介料を請求してくるという業者のことです。

これらの業者は、一般的にヤミ金融とつながっている可能性が極めて高く、公報などを見てかもとなるような人物を探しては

お金を取ろうと近寄ってきます。

もちろん、祖行った人物から紹介が着たりしても、多くはひどい目にあう可能性が高いのでそういった人がきたら関わらないようにしましょう。

普通の業者はそういった人を介して営業したりはまずしていませんので、そういった人がきたら怪しいキャッシング業者だと思うのが一番いいです。

アイフルのデンタルローンの詳細とは

インプラントなど歯の治療には他の部位の治療と比べて高額な医療費がかかってしまいがちであり、その費用を用意するのに苦労している人も少なくはありません。アイフルでは歯の治療にかかるお金をお得に借り入れることができるデンタルローンというローンの取り扱いがあります。アイフルのデンタルローンの基本情報について確認をしていきましょう。

デンタルローンの実質年率は2018年3月8日時点で13.0%から17.0%、融資限度額は50万円という貸付条件になっています。借りたお金については本人またはその家族の高額歯科治療費に充てることができ、契約の際には診断書や見積書などの資金使途確認書類の提出が必要になっています。

アイフルの家具・インテリアローンとは

アイフルでは家具やインテリアの購入費用を通常のカードローンよりもお得に借り入れできる目的ローンである家具・インテリアローンというローンサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスの詳細についてみていきましょう。

・金利と融資限度額

2018年1月9日時点で金利は年13.0%~年17.0%、融資限度額は最高で100万円までとなっています。金利の上限が年17.0%と一般的な消費者金融のカードローンの上下よりも低い点に特徴があります。

・契約に必要な書類

本人確認書類に加えて家具・インテリアの購入費用や修繕費用を証明できる領収書や見積書などをアイフルに提出する必要があります。

・連帯保証人と担保

家具・インテリアローンは無担保型のローンなので、原則担保も連帯保証人も不要です。

アコムの借換えローン利用時の注意点

アコムでは他社からのキャッシング残高をまとめて返済負担を減らすことができる借換えローンというローンの取り扱いがあります。このローンは他社債務の完済を目指すのに便利なローンですが、利用の際にはいくつかの注意ポイントがあります。利用の際の注意点などについてみていきましょう。

注意ポイントとしてまず挙げられるのが申し込み方法です。アコムのカードローンはインストール申し込みができるのに対し、借換えローンは申し込みの際には店頭窓口から無人契約機に来店する必要があるということをよく覚えておく必要があります。

また他の消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠の借り換えには利用できますが、銀行カードローンの借り換えには対応していないという点にも注意が必要です。