月々の返済額を考えてカードローンを利用する

カードローンを利用してお金の借入をすると、当然ながら返済が必要になってきますが、このときいくらの返済額になるかが気になるところです。各カードローン会社には最低返済額というものが決まっていて、毎月1万円と定められているところがあれば、3千円程度と低く設定しているところもあります。利用するならどちらが良いかと聞かれれば、誰もが返済額の少ない方を選び、毎月の負担を減らしたいと考えるでしょう。

最低返済額が少ないことは一見してメリットが高そうに見えますが、デメリットがあることも理解しておく必要があります。カードローンの返済には元金に加えて、金利で発生した利息も一緒に返済していくことになります。返済額が少ない場合、返済回数が増えてローンが長期化するため、結果的に支払う利息が増えることになります。そうなると、たとえ金利が低くても損をすることにもなるため、生活費に余裕があれば最低返済額を多めに設定するなどの検討も必要です。

何処で借りるか迷ったら毎月の返済額で選択しよう

一般的にカードローンで借りる金額は10万円までが圧倒的に多いです。車や家のローンと違って数万円程度なら借りやすいというのが実状です。ちなみに消費者金融の金利はほぼ横並びの年18%です。モビットは無利息サービスがないのであまりオススメできませんが、その他の消費者金融はどこも似たり寄ったりで決め手に欠けます。

そのような方は返済面で比較すればいいかもしれません。例えば5万円借りた時の毎月の最低返済額は、プロミスが2000円、アコムが3000円、アイフルが4000円です。また約定返済日をアコムとアイフルは、お客側が自由に決められます。毎月の返済額が少ないと返済期間がどうしても長くなりがちですが、返済自体は非常に楽です。自分の懐状況を良く理解してから、返済しやすい金融機関で借りればいいのです。