Home » 2017 »6月

総量規制に引っかかるのが専業主婦

ここからご記入ください。悪名高い総量規制は、2010年に貸金業法が改正されて始まりました。これは、借入が年収の3分の1までしかできないというものです。それまで自由に借りられていた専業主婦の方は、一転して消費者金融では借りられなくなったのです。さらに新規の借入なら50万以上、複数社から借り入れている場合は合計100万円を超える場合、収入証明書の提出が義務づけられたのです。これにより直接収入のない専業主婦は消費者金融では借りられず、闇金に流れるという本末転倒な事態となったのです。

しかし専業主婦の方でも、全く借りられないわけではありません。総量規制は消費者金融と信販会社を対象としており、銀行は対象外となっているのです。ですから銀行カードローンの多くが、専業主婦も貸付対象としているのです。ただし専業主婦は収入がないために、30万円程度の融資限度額となっています。もちろん配偶者の同意や収入証明書は不要なので、配偶者に内緒で借りられます。

なお消費者金融でも、総量規制の対象外となる融資があります。それがおまとめローンで、年収の3分の1までという制限がなくなるのです。貸金業法は利用者の保護を目的に制定されているので、利用者に一方的に有利となる借り換えまでも禁止していないというわけです。

確定申告ナシの在宅ワーカーでもキャッシングできるか試してみました

在宅ワークで生計を立てています。

と言っても実家で両親に食べさせてもらっていて、この仕事で貰えるのは年収30万程度です。

大して出かけませんし趣味もないので、出ていくお金は月1万の携帯代位のものです。

そんな時にふと「在宅ワークでもキャッシングできるのかな、もし出来るならそのお金で旅行へ出掛けたいな」と思い、試しに楽天ローンへ申し込みしました。

それが丁度GW中の事で、GW初日の夕方に申し込んだのですが、反応があったのは翌日午後でした。

女性のオペレーターから電話があり、現在の仕事内容を確認したいと言われたのです。

そこで10分程、仕事はどんな事をしているか年収は幾らか、自分で払っているお金は毎月幾らか等聞かれました。

在宅ワークの場合は個人事業主になるので、提出書類が本人確認書の他に、確定申告書が必要なようです。

年収38万以下なら確定申告しなくてもいいとの事でしていなかった私は、提出できる書類がない事に気づきました。

電話の後はGW明けまで審査結果を待ち、結果は残念な事に登録ならずでした。

次にプロミスへ登録しましたがこちらもダメで、アコムは申し込みして1時間程で審査落ちのメールがありました。

モビットもアイフルも審査落ちで、かなり落ち込みました。

これだけ審査落ちするのは、他のキャッシング会社にも私が在宅ワーカーだと広まっているのか、と勘繰る程早かったです。

また確定申告をして、楽天ローンに再挑戦してみようと思います。

ただ、楽天ローンは審査落ちすると6か月は再申し込み出来ないようで、そこがちょっと残念です。