総量規制対象外って何?知ってることでローン契約が変わる!

今、銀行系カードローンの多くが総量規制対象外という言葉を掲げています。

消費者にとって、総量規制という言葉自体に馴染みが無く、どのような場合で対象または対象外になるのか疑問が多いはずです。

実は、金融機関や業者には異なる法律が適用されていることがポイントとなります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法が適用され、総量規制は貸金業法に定められるものです。

そもそも、総量規制自体は過去に消費者金融が高金利で貸付したことによる過払い金や債務整理の増加により整備がされました。

総量規制とは、年収の1/3以下までの融資しか出来ないということであり、高い金利により契約者の生活が破綻しないようなっています。

一方、銀行は貸金業では無く、銀行業であり総量規制対象外となっています。

カードローンと言えども、銀行と消費者金融では全くことなるものであり、融資可能金額は銀行の採用で判断されます。

この点を理解しているだけで、ローン契約時にどんな法律が適用されるのか自己判断が可能となります。

しかし、近年は銀行系カードローンでも保証会社の審査が必要となり、保証会社の多くが有名消費者金融ということが多くなっています。

そのため、総量規制対象外のローンであっても、保証会社がどのような会社なのか確認することも重要なこととなります。

キャッシングは主婦でも出来るのか

キャッシングというのは、色々と定義がありますが多くの場合、消費者金融からの借り入れを指します。無担保、無保証人で貸してくれるわけですから、実は非常に良い金融サービスです。昔から色々な人が利用していたわけですが、その一人として主婦があります。要するに生活の資金などの補填に使っていたわけですが、これが総量規制によってかなり難しくなりました。具体的にいいますと収入がまったくない主婦の場合、貸すことが事実上不可能になったのです。配偶者貸付をするか、或いは総量規制外の銀行カードローンなどを利用するしかなくなりました。キャッシングをするのであれば専業主婦は配偶者からの同意がある配偶者貸付をすることになります。