銀行ローンはキャッシングよりも使い易いのか

現代社会では急にお金が必要になる事が多々ありますので、資金を確保出来る方法を用意しておくと良いでしょう。資金確保の手段として、多くの人々に使われているのがキャッシングや銀行ローンです。キャッシングは消費者金融会社が全国的に展開している融資サービスであり、多くの提携ATM経由で融資や返済が行える仕組みを持っています。銀行ローンは、銀行が用意している融資サービスであり、銀行の支店に設置されているATMを使って融資や返済が行えます。

いずれも提携ATMが多いですので、融資してもらったお金を受け取ったり、期日までにお金を返したりといった事を行うのは手間がかかりませんので、どの方法を使っても良いです。しかし、銀行ローンはキャッシングとは違って総量規制がありませんので、審査さえ通過すれば、他社のローンを併用する事も可能です。

申し込む前に即日審査と即日融資の差を理解しよう!

今では、消費者金融のキャッシングローンであれば、申し込んだ当日に融資を受けることができます。しかし、申し込みの際に即日審査と即日融資の違いを理解しなければ、認識とは異なる事態に合います。そもそも、即日審査と掲げる消費者金融では、あくまで審査が申し込み当日に完了するというだけを説明しており、即日融資とは説明がありません。

一方、即日融資であれば審査から融資まで申し込んだ当日に行われるものとなります。申し込みする際、自身に都合の良い捉え方をしてしまうこともあるため、審査結果が当日なのか融資が当日なのかしっかりと確認することが重要です。また、即日審査と掲げるものの、それ以降のスケジュール感の分かり難いキャッシングローンについては、契約の流れを確認し、証書貸付の場合は即日融資にならないケースがあると考えておくのがおすすめです。

慢性的な金欠の方はキャッシングは避けるべし!

毎月の生活費や諸経費の支払のために現金が不足しているという方は、キャッシングによる借り入れは避けることが重要です。そもそも、お金がない状態でのキャッシングは借入先の件数や金額に関わらず、慢性的に自転車操業に陥るリスクが高くなります。

キャッシングが有効なのは、毎月の家計収支に余裕はあるものの、一時的に高額な出費が重なったという場合であり、翌月以降は貯蓄などに収入を回せるかどうかという場合です。たった、2千円や3千円の返済なら大丈夫と甘く考えても、万が一返済が出来なくなった場合は、連鎖的にクレジットカードの利用が出来なくなると予想以上に返済が困難に陥ることもあります。実際には少額のキャッシングでも返済不能となり、債務整理に至るケースがあると認識するのが重要です。

アイフルなら郵送物一切無しで利用できる

カードや明細など、郵送物が自宅に届くとキャッシングの利用を家族に知られてしまう可能性があります。家族に気づかれずキャッシングを利用したいのであれば、カードレスと口座振替を選択するだけで、郵送物一切無しで利用できるアイフルを選んでおくことが有効です。

提携ATMで使うことができるカードがなければ、不便なのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、アイフルの場合はスマホアプリを使うことで、カードがなくても手軽にキャッシングの利用ができるようになっています。そのため、カードがないからといって困ることはありません。そのため、家族にバレずにキャッシングをしたい、よりスマートにお金を借りたいという場合は、アイフルの利用がおすすめです。