キャッシングを比較してみる

キャッシングというのは、クレジットカードやローンカードを利用してお金を借りるサービスです。

しかし、クレジットカードのキャッシングでは一括返済が基本なのに対しローンカードにより借りたお金の返済はリボ払いが基本です。

どちらが良いかというのは人によって違いますが、利息は一括返済する方が確実にお得です。

一時的に少額のお金が必要で、返せるお金がもうすぐ入る見込みがある方ならクレジットカードのキャッシングで一括返済する方が良いでしょう。

またクレジットカードの金利は高い場合が多いので逆に一括返済しないとかなり利息を支払わなくてはならないので注意しましょう。

もちろん利息を払い続けるとはいえリボ払いにも一気にお金を返さなくて済み計画的にお金を返済していけるメリットがあります。

自分の状況に合ったキャッシングを選ぶようにしたいですね。

楽天銀行のトラベルローンを解説

楽天銀行では目的に応じて様々なローンサービスの利用ができるのですが、その中でも旅行関係の費用をお得に借り入れできる目的ローンがトラベルローンです。楽天銀行のトラベルローンの詳細について解説していきます。

まず貸付条件ですが2018年6月23日時点で融資限度額が最大100万円、金利は固定金利で年11.5%とされています。変動金利ではなく固定金利なので返済計画が立てやすいのが良いですね。

なお借りたお金の使いみちについては国内外を問わず旅行関係に関係する費用に充てることができます。パック旅行の費用や宿泊費用に充てることが可能なのはもちろん、交通費として使うことができる点が便利と考えられます。旅行へ行く際には便利に利用したいですね。

キャッシングの申込みをするのに便利な自動契約機

近年では、Web申込みが出来るようになった事で消費者金融会社の無人店舗や自動契約機コーナーに足を運ぶ必要が無くなってきています。しかし、パソコンやスマートフォンを持っていなかったり、ネット回線の契約をしていなかったりする場合、他の申込み方法を使う必要があります。その申込み方法の一つが自動契約機を使った申込みです。

自動契約機は銀行グループに所属している会社のキャッシングを使うのであれば、銀行のATMコーナー内に設置されている事があります。その他の独立系消費者金融会社の場合は、駅周辺や交差点、繁華街など様々な場所に自動契約機が設置されています。いずれの自動契約機を使う場合でも、本人確認書類を提出しなければいけませんので、運転免許証や健康保険証などを用意しておくと良いでしょう。

自動契約機キャッシング

初めて無人契約機でお金を借りたい方は、不安な点がたくさんあると思います。流れは、自動契約機に来店→申込み→身分証の提示→審査→カードローンの発行というのが一般的ですが、当日、無人契約機からカードローンの申込みをすると1時間程度かかってしまいます。

人目もあるので1時間も待機しているの気持ちが落ち着きません。でも無人契約機の来店前に、ネットで申込みして審査を通しておけば、無人契約機にいる時間が30分程短縮されるのでおすすめです。窓口の営業時間は大体午後6時までなので、遅くまで働いている方の場合は来店が難しいです。でも自動契約機は遅くまで営業しているので、遅くまで働いている方や急いでいる方も利用することができます。

楽天ローンでのキャッシングについて

楽天ローンは、楽天銀行が取り扱っているサービスです。楽天銀行の金利は、1.9~14.5%となっています。ネット銀行というだけあるもの、金利の低さはありがたいですね。楽天ローンの最大借入額は、800万円です。それ以上の金額は一度に借りることはできません。

楽天銀行のカードローンに申し込むと、現在楽天スーパーポイントが1000ポイント贈呈されるという嬉しいサービスもあります。また年会費や入会費は無料です。申し込みは、ウェブですべて行うことができます。スマホをお持ちの方は是非スマホを利用してみてください。楽天ローンは、正社員の方でなくても申し込みが可能です。アルバイトやパートの方も気兼ねせずに申し込みをしてください。

キャッシングを利用しても信用情報には傷は付きません

キャッシングの利用をすると自分の信用情報に傷が付いてしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃるようです。信用情報に傷が付いてしまうと、例えば、新しくクレジットカードに申し込みたいときなど審査に通らなくなってしまうかも知れません。信用情報には傷を付けないほうが絶対にいいのです。

キャッシングを利用して信用情報に傷が付いてしまうのであれば、キャッシングの利用も考えなければなりませんが、実際にはそのようなことを心配する必要はまったくないのです。キャッシングを利用しても個人の信用情報に傷が付いてしまうことはありません。キャッシングの利用で個人の信用情報に傷が付いてしまうのは、返済が遅れたりした場合のみです。返済期日を守ってキャッシングを利用していれば信用情報に傷が付いてしまうことはありません。

キャッシングには利用額に上限があります

キャッシングには利用限度額というものがあります。キャッシングできる金額に上限が設けられるのです。消費者金融系のキャッシングは年収の3分の1までしか借り入れができないことは既に多くの方がご存知のことでしょう。年収の3分の1までしか借り入れができないことを総量規制と言いますが、実際のキャッシングで借り入れできる額は利用限度額によって年収の3分の1の額よりも低く設定されてしまうのです。

利用限度額は個人の返済能力によって変動します。年収の低いアルバイトの方であれば最初は10万円、年収の高い正社員の方は30万円や50万円と設定されることが多いようです。利用限度額は最初に設定された金額はいつまでも続くわけではありません。利用限度額は増額することもできますので増額したと思われる方は問い合わせてみるといいでしょう。