専業主婦でもキャッシング出来るって知っていましたか?

収入のない専業主婦の場合、キャッシングでお金を借りることは出来ないと思っていませんか。

確かに、アイフルやレイクといった消費者金融では難しいでしょう。

しかし、専業主婦でも借りられる方法はあります。

それは、銀行カードローンです。

銀行カードローンなら配偶者の収入証明書や同意書は必要ありません。

借り入れ審査は、申込みをしたご本人の審査であり、結果もご本人に連絡されます。

従って、配偶者に知られることなく借り入れすることが出来ます。

しかし、いくら借りられるかは、ご本人の借入審査の結果次第です。

一般的には最大50万円位までのようです。

また、借入審査に掛かる時間としてはソニー銀行では最短当日、ジャパンネット銀行も最短60分で出来るのでお急ぎの場合にも利用可能です。

実質年率も、各銀行によって違いますので、借入時に確認することをお勧めします。

キャッシングの利息キャンペーン

新卒として就職した際に、その会社の近くに引っ越すことになりました。

その際に、貯蓄がなく家財道具を揃えるお金がなく困っていました。

その時に、じぶん銀行のキャッシングできるカードを持っていることを思い出しました。

じぶん銀行でのキャッシングについて調べてみると、無金利キャンペーンを行っていることを知り、これは借りるしかないと思いました。

借りた金額は10万円ほどでした。

家の近くのファミリーマートで簡単に借りることができました。

また、返済も簡単で、会社の残業で遅くなった時にも、やはりファミリーマートで簡単に返済できて非常に便利でした。

返済について相談した時には、非常に丁寧に対応して頂いた記憶があります。

一年たらずで無理なく返すことができました。

月々の返済額を考えてカードローンを利用する

カードローンを利用してお金の借入をすると、当然ながら返済が必要になってきますが、このときいくらの返済額になるかが気になるところです。各カードローン会社には最低返済額というものが決まっていて、毎月1万円と定められているところがあれば、3千円程度と低く設定しているところもあります。利用するならどちらが良いかと聞かれれば、誰もが返済額の少ない方を選び、毎月の負担を減らしたいと考えるでしょう。

最低返済額が少ないことは一見してメリットが高そうに見えますが、デメリットがあることも理解しておく必要があります。カードローンの返済には元金に加えて、金利で発生した利息も一緒に返済していくことになります。返済額が少ない場合、返済回数が増えてローンが長期化するため、結果的に支払う利息が増えることになります。そうなると、たとえ金利が低くても損をすることにもなるため、生活費に余裕があれば最低返済額を多めに設定するなどの検討も必要です。

中小の消費者金融のビジネスローンを使うメリットについて

ビジネスローンを展開している少子や金融というのはなかなか少ないですが、中小の消費者金融でも

ある程度は扱っているような状況があります。

これらのところでビジネスローンを使うメリットがあるとすればやはり審査通過がしやすいところでしょう。

ただでさえ顧客のいない中小であり、なおかつ利用者の少ないビジネスローンであれば、顧客の確保のために審査を緩くしていますので

審査に通過できる可能性というのは高くなります。

また、あとちょっとというところでお金が足りないといったときに、少しの資金の融通か聞きやすいのもこういったところの特徴ですので

すぐに少額の融資を受けたいときには、利用する価値は大きいのではないかと思われます。

キャッシングに加えてカードローンを使って資金を確保するには

お金が必要になった場合に資金調達手段としてキャッシングが広く活用されています。その他にも、カードローンというキャッシングとよく似たサービスもありますので、キャッシングに加えてカードローンも使っておきますと様々な場面で活躍してくれるでしょう。カードローンを使う利点は、限度額内で借り入れをして自由に使える事とローン契約機が銀行の支店内に設置されているケースが多い事、銀行などが貸し出している場合には総量規制の対象にはならない事です。

キャッシングとカードローンは平行して使う事ができ、その2つのローンの総限度額による総量規制は実施されません。貸金業法の下で運営している消費者金融会社の融資と総量規制の影響を受けない銀行の融資を一緒に使う事でお互いの弱点を補い、資金調達手段として活用出来ます。

消費者金融の紹介屋に注意しよう

たまに話題になったりするのですが、消費者金融について紹介をする紹介屋という存在をご存知でしょうか?

紹介屋は、お金に困っている人はターゲットにしており、お金をかしてくれる会社を紹介する代わりに

紹介料を請求してくるという業者のことです。

これらの業者は、一般的にヤミ金融とつながっている可能性が極めて高く、公報などを見てかもとなるような人物を探しては

お金を取ろうと近寄ってきます。

もちろん、祖行った人物から紹介が着たりしても、多くはひどい目にあう可能性が高いのでそういった人がきたら関わらないようにしましょう。

普通の業者はそういった人を介して営業したりはまずしていませんので、そういった人がきたら怪しいキャッシング業者だと思うのが一番いいです。

アイフルのデンタルローンの詳細とは

インプラントなど歯の治療には他の部位の治療と比べて高額な医療費がかかってしまいがちであり、その費用を用意するのに苦労している人も少なくはありません。アイフルでは歯の治療にかかるお金をお得に借り入れることができるデンタルローンというローンの取り扱いがあります。アイフルのデンタルローンの基本情報について確認をしていきましょう。

デンタルローンの実質年率は2018年3月8日時点で13.0%から17.0%、融資限度額は50万円という貸付条件になっています。借りたお金については本人またはその家族の高額歯科治療費に充てることができ、契約の際には診断書や見積書などの資金使途確認書類の提出が必要になっています。