大手銀行のカードローンの審査で注意したい点は?

大手銀行のカードローンは上限金利が15%以下で設定されているので安心してお金を借りる事が出来ます。それで大手銀行のカードローンを利用する人もいますが、審査に落ちてしまう可能性もあるので注意する必要があります。そこで大手銀行のカードローンの審査で注意したい点を確認していきましょう。

大手銀行のカードローンは返済能力を重視するので安定した収入を得ているだけでは審査に落ちてしまう可能性があります。他社からの借入件数や借入総額が多いと安定した収入を得ていても返済能力がないと判断されてしまいます。また借入希望額を高くしてしまうと収入に見合っていない事があるので返済能力がないと判断されてしまいます。大手銀行のカードローンの審査基準は安定した収入を得ているだけではないので注意しましょう。

増額申込みに必要な3つのポイント

金融業者と借入の契約出来ても、最初の限度額は低めにされており、より多く借りるためには増額申込みが必要になります。

ですが当然、申込みをすれば誰でも増額してもらえるわけではなく、増額申込みには増額申込みで、重要なポイントがあります。

まず前提になるのが、信用情報です。

増額申込みで必要になる信用は、金融事故を起こしていないかは勿論、契約時よりも借り入れしている他賃金業者が増えていても損なわれます。

次々に借入先を増やすということは、総量規制に引っかかる可能性や、金銭的余裕が全く無くなっている可能性が高いからです。

信用情報が問題なければ、次は利用実績を見られます。

半年はしっかり返済しないと増額してもらえないと言うのは、この利用実績を作るためです。

多くの金融業者は直近数ヶ月で返済の延滞が起きていないかを見るので、一度返済が遅れた程度なら、その後数ヶ月から半年ほど延滞しなければ、増額申請が通る可能性は十分あります。

最後に必要なのが、増額する理由です。

増額申込みをする時には何のために増額するかを聞かれることも少なくありません。

自分から増額を申込む人は、今までよりお金に困る状態や環境になっている可能性が高いので、借り逃げせずちゃんと返済できるか探りを入れるためです。

矛盾せず、金融業者が納得して信用してくれるような説明をできるよう、理由をしっかりと考えておく必要があります。

Qpaという変わったキャッシング業者

Qpaというキャッシング業者は、通常のキャッシング業者とはちょっとかわっていて、

企業の売掛金を担保としてお金を貸してくれるというちょっと変わったサービスをやっています。

企業の売掛金を担保にかなり高額の融資をしてくれることが可能であり、下は数十万円から、上は1億円以上と

幅広い融資金額をカバーしているため、お金を借りる目的に合わせて柔軟に対応が聞きます。

しかも、このような特殊なものでありながらも、最短で即日融資をしてくれるというものですから、急な資金調達が必要になったときでも

かなりうれしいところがあるというわけです。

金融機関の信用情報も利用しているわけではありません。キャッシングのような借入というようなものではありませんので、信用情報に載らないようになっているのです。

取引先の企業にも知られることはありませんので、事業が怪しいのではないかというようなことを思われることなく安心してお金をかりることが出来ます。

さらには、保証人不要で赤字経営であっても利用できる可能性はあります。

個人事業主や新規事業を始めた人でも利用が可能ですから、資金繰りに困っていて売掛金があるときには

とても心強い味方になると思います。