クリスマスやお正月にキャッシングを利用する予定がある人は注意が必要

いつでも手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、年末年始というシーズンは消費者金融の業者も休みに入ってしまうので、このシーズンにキャッシングを新規で申し込むのは不可能になります。

もちろん、キャッシングの申し込み自体は受け付けてはもらえるのですが、審査やローンカードの発行は年が明けてからのことになってしまうので年末年始には事実上、新規の人のキャッシングの利用はストップしてしまうことになるのです。

ただし、年末年始にキャッシングを利用したいというのであれば、前もって取り敢えずキャッシングの申し込みを済ませておくことで年末年始に融資を受けることも可能です。あらかじめローンカードを作っておけばATMですぐにキャッシングができるからです。

ネットの口コミでの評価もかなり高い?融資スピードが優れている以外のアコムのメリット

アコムはホームページで最短1時間融資を宣伝していて融資スピードが優れている消費者金融として知られています。それで早くお金を借りたい時に利用するのが適しています。しかしアコムは融資スピードが優れている点以外にもメリットがあるのでネットの口コミでもかなり評価が高いです。そこで融資スピードが優れている以外のアコムのメリットを挙げていく事にしましょう。

・限度額の設定が高い

大手の消費者金融は限度額が最大500万円までになっている事が多いですが、アコムは限度額が最大800万円までになっています。消費者金融を利用する人は少額の借り入れをする事が多いですが、中には多額の借り入れをすぐしたいという人もいます。それで即日融資を受ける事が出来てしかも多額の借り入れをする事も出来るアコムを利用するとしっかり対応する事が出来ます。

・大手銀行の傘下に入っている

アコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている消費者金融なので経営面で不安を感じさせる事が一切ありません。それでお金を借りている時に倒産してしまうというリスクもほとんどないので利用している時の安心感があります。キャッシングをする時は不安が少なからずあるので安心感があるアコムを利用した方がいいと考える人も多いです。

総量規制対象外のカードローンにも変化が訪れている

消費者金融や信販会社は、貸金業法に基づく融資を行っているので、総量規制の影響を受けて借入総額を年収の1/3以内とする必要があります。一方、貸金業法以外の法律に基づく融資ならば総量規制対象外となるので、銀行法に基づく銀行カードローンや信用金庫法に基づく信用金庫のカードローンについては、審査に通過出来れば年収の1/3を上回る融資が可能とされているわけです。

しかし、銀行カードローンによる過剰貸付が取り沙汰されるようになり、多重債務者により自己破産件数が増加している状況下では、銀行カードローンに対しても自主規制を行う流れが3大メガバンクを中心として起きています。

自主規制により年収の1/3を超える融資を行わないように調整しようとする流れです。最も影響を受けやすい状況に置かれるのが、専業主婦であって本人に収入が無い以上は、配偶者貸付に頼るしかありません。現実的には配偶者貸付に頼れずに、闇金に走る人が出てしまう状況が生まれるキッカケとなるので、法規制がかけられる前に3大メガバンクは自主規制という形で貸しすぎを抑制することにしたと考えられます。

個別の状況を汲み取った上で、柔軟な融資が行える状況となれば、多重債務者となる前に歯止めをかけられる可能性があります。

学生のキャッシングについて

通常の大手の消費者金融会社の会社では、基本的には学生の方は利用できないことになっています。それでも次のような条件をクリアすれば、実は学生の方でも消費者金融のキャシングが可能になることがありますので、是非覚えておきましょう。

一つ目は、一定の定期収入があることです。この一定の定期収入というのは、明確な決まりがあるわけではなく会社ごとに審査ベースになりますので、申し込みしだいということになります。それでも大よその基準としては、アルバイトとして数年同じ職場で働いている、毎月同じぐらいの収入があるというのが条件です。ただ、同じ学生といっても、大学生や専門学校生でかなりアルバイトに精を出している方や、夜間学生で普段働いている方などであればかなり可能性は高いです。ただ限度額は低めに設定されていることがおおいです。

二つ目は、親の同意がある場合です。多くの金融会社では未成年保護法の観点から親の同意を必要とする場合があります。大手の消費者金融会社では断られてしまう方でも中小の会社で親の同意があれば、少ない限度額で借りれるなどの措置がある場合があります。

三つ目が、実は未成年でも結婚していればよいというルールがあります。そのため、学生という身分でも結婚してれば、成人に見なされるのでこれも相談次第で可能になる可能性が高いです。

最後に、もう一つの方法は消費者金融会社で難しい場合は、クレジットカードのキャッシング枠で借りることが最後の手段です。こちらも金利が高いので学生の方はできれば最後の手段として活用しましょう。

楽天銀行スーパーローンの機能や便利な点

キャッシング業者にネットバンキングの大手の楽天銀行のスーパーローンがあります。ネットバンキングという事もあって申し込み手続がインターネット完結で出来るカードローンです。この楽天銀行スーパーローンにはメリットもいくつかあります。

キャッシング業者でお金を借り入れる時は基本的に収入証明書の提出が必要になってきます。特に消費者金融では50万円以上借り入れする場合は収入証明書を提出しないと利用出来ません。しかし楽天銀行のスーパーローンは収入証明書の提出が必要ありません。そのため収入証明書を準備する手間が省けるので手続時間も短縮出来てしまうのです。

楽天銀行スーパーローンで借り入れする時はパソコンやスマートフォンから出来てしまいます。会員専用サービスからログインしてメニューからキャッシングのお申込にアクセスしてお借入希望額を入力すれば口座に振り込まれます。他のキャッシング業者はATMでの借り入れが多いので家族や友人にキャッシングを利用している事が知られてしまう可能性があります。楽天銀行スーパーローンの場合は借り入れもインターネット完結なので家族や友人にキャッシングを利用している事内緒にする事も可能です。

ハッピープログラムという楽天銀行のお得になる優遇プログラムにエントリーをすると楽天スーパーポイントが貯まる特典があります。楽天スーパーポイントは振込手数料にも利用出来るので手数料無料で利用出来てしまいます。そのため楽天銀行スーパーローンを利用する時にもお得な優遇を受ける事が出来ます。

即日融資は上手くいくのかどうか

すぐにお金を借りることができるという状態のことを即日融資というのですが大抵のキャッシング業者はこれを謳っていることが多いです。しかし、確実にそうやって貰う事が出来るのか、といえばそうでもないです。そもそも状況によって貸せる貸せないということはあります。

即日であることの条件などもいろいろと業者によって違いがあることになりますから、注意しておきましょう。その人の身元が証明されるものやあるいは在籍確認などができないと即日は厳しいというところもあります。逆をいいますとそれができれば信用情報的に問題がなければ貸してもらえる可能性は十分に期待できます。それが即日融資におけるとても大事なことであるといえるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)では仮審査が本番

J.Score(ジェイスコア)では仮審査と本審査というものがあります。

仮審査を受ける前にスコア診断を受ける必要があるのですが、仮審査を受けられる状況だった場合にはそこが本番だと思います。

通常は仮審査と本審査では、本審査の方が本番だと思うかもしれませんが、審査のほとんどは仮審査で済んでしまっています。

本審査に関しては、確認作業をするのみであり、在籍確認をするとかそういったことになるのです。

だから、事前に嘘をついていなければ、問題なくそのまま通過する可能性があります。

本審査で落ちるケースはないわけではありませんが、あまり多くはないでしょう。

J.Scoreでは仮審査が本番でそれに通過できるか?どうかが重要ということなのです。