プロミスなら30日間無利息でカードローンが利用できる

カードローンでお金を借りたいと思った時、どの会社で借りたらよいか迷ってしまうことが多いです。プロミスならば条件さえ満たしていれば、30日間無利息でカードローンを利用することができるのでおすすめです。

プロミスを初めて利用する人に限り30日間無利息のキャンペーンを実施しており、借入から30日間は金利を支払う必要がないのでお得にお金を借りることができます。

他のカードローン会社と比べてもプロミスは金利が安く、30日以上で借入するときにも無利息期間が終わった後の金利が低いので安心です。カードローンを初めて利用する人は、プロミスならば金利が低くさらに30日間無利息でカードローンを借りることができるのでおすすめとなります。

カードローンの利息を計算してみる

カードローンの返済では、通常ほぼ一定の返済額だけが決められています。

この返済額の中に、元本充当分と、利息分とがそれぞれあるわけです。

そして、返済のルールとして、利息から先に支払うことになっていますので、返済額に関係なく、毎月支払っている利息の額は計算できます。

毎月どのくらいの金利を払っているのか、一度計算してみましょう。

基本的な利息の計算はこうです。

<前回返済時の元本>×<金利>÷365×<最終返済日からの日数>

うるう年のときは、365でなく366で割ります。

仮に前回返済時の元本が500,000円で、金利が18.0%、最終返済日からの日数が30日の場合は、上記の数式に当てはめて、7,397円となります。

毎月の返済額の中に、実にこれだけの利息が含まれているわけです。

家族にバレないようにカードローンを利用する時の2つの注意点

カードローンを利用する時は家族に内緒にしたいと考えていろいろ気を遣ったりしますが、些細な事でバレてしまう可能性もあるので注意しなければいけません。そこでカードローンを利用する時に家族にバレないようにするにはどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・キャッシングカードを発行しない

自動契約機で申し込みをすると契約完了後にキャッシングカードが発行されます。それですぐお金を借りる事が出来るのでメリットに感じる人も多いですが、常に持っている事になるので自宅にいる時に家族に見られてしまう可能性があります。それで家族にカードローンを利用している事がバレてしまうので内緒にしたい時は振込キャッシングで借り入れをしてカードレスで利用するようにしましょう。

・長期間延滞をしない

カードローンを利用すると返済期日までに返済しなければいけません。それで延滞してしまうと携帯電話に電話がかかってきますが、長期間になってしまうと自宅に電話がかかってくる事もあります。それで家族が電話に出てしまうとカードローンを利用している事がバレてしまうので内緒にしたい時は長期間延滞をしないようにしましょう。

カードローンを利用する時に家族にバレないようにするにはこのような注意点があるので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

カードローンの無利息の利用時の理解すべきポイント

多くの人が利用しているカードローンですがお金が必要になった時に比較的気軽に利用できる手段の1つとして認知されています。その中でもカードローンには、無利息期間という特約がついた商品がある事もあります。カードローン業界は非常に競争が熾烈であり、新規の顧客取り込みのために契約から30日間は無利息になるキャンペーンを設けている業者が多くとても便利に効率的に利用する事が出来ます。

通常カードローンを利用する場合に大きく関係してくるのが利息です。多くの人が利息はできれば払いたくないものと思いますが、カードローンの無利息期間をうまく利用することで、利息の負担を最小限に軽くして、消費者金融や銀行からお金を借りることが出来ます。カードローンを利用する時には無利息という事に着目して理解を深めておく必要があります。カードローンの無利息での利用をする場合には大手の消費者金融であれば比較的どこでも対応していると言えます。

業者によって無利息の期間が異なる場合や金額が指定されている場合もあるので、自分の借りたい額と期日と比べて、使用しやすい業者からカードローンを利用する事が肝要です。カードローンは、普通に収入がある人であれば利用できるので困った時にオススメです。

急な出費にとても便利なカードローン

カードローンとはその名の通り、『カードを使ってお金を借りる』『返済する』サービスです。

銀行、クレジット・信販会社、消費者金融がそのサービスを行っております。

様々なカードローン会社がありますが、今回僕がお勧めするのは、『銀行カードローン』そして給料受取口座にしている銀行をお勧めします。

理由は、銀行には頻繁に出入りをするため安心して申し込める、金利が低い、返済が便利にしやすいなどが挙げられます。返済については後程述べます。

カードローンの利用に不慣れな方は、消費者金融などへの申込みは、いくら現在『Webで完結』が定着しているといっても多少の不安はあるかと思います。

その点銀行は、預金や預金の引き出し・給料振込口座・各種公共料金引き落とし口座など、様々な利用で出入りしていると思います。

銀行カードローンでも『Webで完結』できます。

そして、消費者金融に比べ金利が低いです。

それからカードローンの利用にあたって、家族にバレたくないという方がほとんどだと思います。

消費者金融から郵便物が届くのと、銀行から郵便物が届くのでは、奥さん(旦那さん)に封筒を見られた時の顔色は、消費者金融の場合のほうが、はるかに変わると思います。

消費者金融によっては、カードレスといってカード無しでの利用により、郵便物一切なしという会社もありますが、気持ち的に銀行からの借入れのほうが楽だと思います。

次は返済についてです。返済方法ですが上に示したとおり、僕は給料受取口座を持つ銀行からの借入れをお勧めしました。そして返済方法はその口座からの引落しをお勧めします。さらに給料日から近い日に返済日を設定できるならそれをお勧めします。うっかり忘れたということのないようにです。銀行振込やATM払いもありますが、忘れてしまうことの一番少ない口座引落しがいいと思います。

次は審査についてです。

借入れには審査というものがつきものです。銀行、クレジット・信販、消費者金融はそれぞれの信用情報機関に加盟しており、お互いに借入状況、返済状況、申込履歴、金融事故(債務整理や自己破産など)の情報を交換し合っています。延滞には充分きをつけてください。

そしてその情報機関には、携帯電話の支払い状況も載ります。携帯電話料金の支払いも遅れないように気をつけましょう。

まとめ

銀行は、地域に密着しており馴染みも深く、金利も低いです。大手銀行も地方銀行も金利は変わりません。どうしても急な出費が必要な時はあると思います。そんな時には是非『銀行カードローン』をお勧めします。

カードローンがおまとめローンに向かない理由!

カードローンには、利用目的が限定されないため、複数社のカードローンを一本化することが可能になっています。しかし、カードローンをおまとめローンとして利用した場合、金利が高い上、返済期間の長期化といった問題が生じてしまいます。

実際、おまとめローンとして最適なものは、カードローンではなくフリーローンとなります。フリーローンであれば、カードローンよりも金利が低く、一定の返済期間がさだめられるため、適切な返済計画を立案することが出来ます。

特にカードローンの場合、毎月の返済金額がリボルビングスライド返済となり、毎月の利用残高により利息が変化し、将来的に発生する利息が高くなる可能性が高まります。

カードローンは非常に便利ではあるものの、返済期間が定まっていないため、ついつい無駄遣いしてしまう危険性もあります。一方、フリーローンであれば、他社ローンの返済のために借り入れする借り替えローンとなるため、新規での借り入れに対応していないため、余裕を持った返済計画を立案することができます。そもそも、カードローンの場合は、追加借り入れが可能となっているため、返済期間中に新たな借り入れを発生させてしまい、返済が苦しくなり得ます。

そのため、おまとめローンには、先ずフリーローンとして返済先の一本化を目的に契約することがおすすめです。

少しでもお金を多く借りたいときには銀行系カードローンが有利

キャッシングでお金を借りるときに、できる限り大きなお金を借りたいというときには銀行系カードローンで借りることをお勧めします。

銀行系カードローンでお金を借りることをおすすめする理由としては、総量規制対象外であることです。

年収の3分の1までしか借りられないとなると、年収が少ない方はまずお金を借りることはできませんが、銀行系カードローンではそういった規制はないため

お金を返済するには年収を基準に考えなくてもいい面があるからです。

そうなると、年収以外のところでもその他の家族の年収や資産によっては借りられる範囲が増えてくるというようなこともあるのです。

また、借り入れの限度額も消費者金融よりも高い値段であり、最大で1000万円の借入限度額を設定している銀行がありますが、

消費者金融ですとおおよそ500万円くらいまでしか借入限度額がありませんから、最初の設定段階の時点でお金をたくさん借りるのには銀行系カードローンのほうがいいのです。

よって、お金を大きく借りるというようなことであれば、銀行系カードローンのほうがいいというのが結論です。

ただし、審査はちょっと厳しいですから審査の際はしっかりとした準備と自身の収入などを把握したうえで挑みましょう。