流行りのキャッシュレスに乗り遅れないで!

「節約」って主婦にとって永遠のテーマな気がします。

節約大好きな私。節約オタクと言っても良いでしょう。

そんな私の強い味方なのが話題の

キャッシュレス。

コード支払いの電子マネー決済です。

増税前に色々な会社がキャッシュレスシステムを取り入れ、どこの会社が一番お得かの嬉しい戦いが起こっています。

ある会社は、

買った分の20%を還元してくれて

おまけにsoftbankユーザーだと

5回に1回1000円までのお買い物を、そのまま還元してくれたりします。

この企画は今は終わっていますが、実に有り難い企画でした。

ちなみに他のキャリアを使ってる方は、10回に1回の割合で当たるみたいです。

こちらの企画はまだまだ実施中です。

またある会社は

毎月、何かが半額になるという企画を打っています。

こちらも凄く魅力的です。

気に入っているのは、この会社は今のところ毎月無料で何かをくれるところです。

今月はシュークリームをタダで頂けました。

他にもポイント40倍バックなど、色々な会社が色々なお得な事をしてくれています。

自分で他の会社が何をやってるか、探すのも宝探しみたいで楽しいですよ。

私はこの企画をうまく立ち回って、かなりの節約に成功しました。

皆さんも是非やってみてはいかがでしょうか?

主婦が検討するキャッシング先は銀行カードローン

家計を預かる主婦にとって、キャッシングを行い毎月の収支バランスを調整する機会があっても不思議ではありません。急な支出だけでなく、配偶者の残業量により手取り給与が増減するからです。
しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、主婦が消費者金融や信販会社から借入れることが難しくなっています。なぜなら、総量規制により本人の年収に対して1/3位内の貸付に制限されているからです。
専業主婦ならば本人に収入が無いので、最初から消費者金融は相手にしてもらえなくなりました。
パート収入がある兼業主婦であっても、配偶者扶養控除内で働いている限り、消費者金融からの借入可能額が30万円以下に制限されてしまうでしょう。

銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから配偶者の収入による審査を受ければ、審査次第で主婦であっても融資を受けられます。銀行カードローン全てが主婦に対して寛容な姿勢を見せているわけではなく、実際にはアルバイト・パート収入でも可能としている銀行を選ぶことが重要です。
銀行カードローンを優先的に申込みして、主婦自らにパート収入があるならば、次の候補として消費者金融を念頭に置くと良いでしょう。
低金利で利用限度額設定が大きく得られる銀行カードローンを優先すると良いわけです。

キャッシングは主婦でも出来るのか

キャッシングというのは、色々と定義がありますが多くの場合、消費者金融からの借り入れを指します。無担保、無保証人で貸してくれるわけですから、実は非常に良い金融サービスです。昔から色々な人が利用していたわけですが、その一人として主婦があります。要するに生活の資金などの補填に使っていたわけですが、これが総量規制によってかなり難しくなりました。具体的にいいますと収入がまったくない主婦の場合、貸すことが事実上不可能になったのです。配偶者貸付をするか、或いは総量規制外の銀行カードローンなどを利用するしかなくなりました。キャッシングをするのであれば専業主婦は配偶者からの同意がある配偶者貸付をすることになります。