安心してキャッシングを行う際の注意点

「キャッシングを行うことは危ない。」と言う考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような事は全くありません。しかしながら利用の方法や考え方によってキャッシングが危なく感じてしまうと言うこともあります。そこで今回はキャッシングを安全に行うために注意しておきたいことについて簡単にお話したいと思います。

1番気をつけておきたい事は借り入れを行う金額と、その借り入れを行う金額の金利がいくらかということについてです。基本的に一般の方がキャッシングを行う場合、多くても50万円程度の借り入れが見込まれます。

その程度の金額だと年利が約15%前後になることが多いです。「この程度の金額だったらちょっと借りてみよう。」と安易な考え方を持ってキャッシングを行ってしまうと後々返済金額が大きくなってしまい、大変なことになってしまいます。

しっかりと自分がキャッシングを行いたい金額がいくらなのかと言うことをしっかりと念頭に置き、計画的な利用を行うことでそのような心配がなくなります。ですから、このようなことが起きなければキャッシングは安心して利用できると言えます。

計画的に使えば安心&とても便利なキャッシング

初めてキャッシングした時はなぜか罪悪感がありました。それでも私がキャッシングを利用したのには訳がありました。社会人になったばかりの頃、「お金を貸して」という友人がいました。お金の貸し借りについて、特に何も考えていなかった私は言われるがままに貸しました。

その後、返済の約束を過ぎて半分しか返ってきませんでした。そしてまたしばらくすると「貸して」と言われるのです。何度も繰り返すうちに本当に返してくれるのか不安になって本人に聞いてみると、返す気持ちはあると言うのです。

でも返ってくる気配がありません。次第に関係が悪くなっていきました。貸した額が大きくなっていたので、私は第三者に入ってもらい、返済してもらいました。返済が終わったところで、その人との友人関係は終わりました。そんな経験から人とお金の貸し借りはしてはいけない!と強く思うようになりました。それは家族に対しても同じです。生活に困った時にキャッシングしました。

でもちゃんと考えてのキャッシングです。やたら滅多に借りたわけではありません。初めは罪悪感がありましたが、昔のことを思い出すととても気楽に過ごせました。困った時にキャッシングがあるのは本当便利だと思います。