キャッシングの審査をスムーズに進めるために

キャッシングの審査をスムーズに進めるためにしておきたいことが、書類の準備です。必ず必要となるものは本人確認書類ですが、高額借り入れを希望する場合や、他社で多くの借り入れがある場合などは、本人確認書類以外に収入を証明する書類が必要となります。急いでお金を借りたいという場合に便利な自動契約機であっても、書類に不備があれば審査が中断してしまうことになります。それだけに、申し込み前には審査に必要な書類をすべて揃えておくことが大切です。

書類の住所と現住所が異なる場合は、現住所を証明するための書類も必要となります。有効となる書類は業者によって異なるため、詳細まで確認した上で、必要な書類を用意しておくことがおすすめです。

消費者金融のキャッシングの貸付審査に通る条件とは

手軽にお金を借りられることから利用者の多いサービスとして消費者金融のキャッシングがありますが、キャッシングで実際にお金を借りられるようになるには所定の貸付審査に通過する必要があります。

いくら簡単にお金を借りられるとは言っても貸付審査に通過できない限り消費者金融のキャッシングは利用することはできないのです。ただし、消費者金融のキャッシングの場合、貸付審査はそれほど厳しいものではなく収入の安定さと仕事に就いているといった二点さえ確実なものであれば過去に金融事故の履歴がない限り貸付審査に通過できると考えておいても間違いはありません。

安定した収入と仕事をしている方であればアルバイトやパートの方でも消費者金融のキャッシングは問題なく利用することができます。

キャッシングの審査はその他のキャッシングが無いか見られる

銀行で借り入れが断られたら、すかさずノンバンクのキャッシング業者を利用するなど必要なお金を直ぐに現金で引き出せるなどとても便利なカードです。しかしそのカードを利用するまでにはキャッシングを行えるか審査がノンバンクの業者で行われます。

ノンバンクなどでは、その他の金融業者からいくらお金を借り入れているのかと言った情報を集める事が出来ます。そうする事でこの人がどの程度借り入れがあり返済能力があるのかなど、やはりそこで貸せる人かどうかを判断する様です。そこで申し込みの内容がちゃんと正しいかどうかを勤めている会社に在籍確認したり、いくらまでであればお金を貸せると言った所を審査の結果により報告されキャッシングの利用枠が決まります。

キャッシングを利用した場合の初回返済日について

初めてのキャッシングで、無事に審査に通って、希望通りの金額を借りることができてホッとした…という時に、必ず確かめてほしいこと。それは初回の返済日です。

キャッシングをすると、毎月決まった期日(約定日)までに最低返済金額を返済していくことになります。この約定日は、利用した消費者金融によって異なりますが、多くの場合、借り入れから3週間ほどで最初の約定日がやってきます。

お金を借りると、返済はひと月後、という風につい考えがちですが、借り入れのタイミングでは、初回返済日が2週間後という場合もあります。特に、初めてのキャッシング利用では、30日間の無利息サービスが適用されるため、30日後に借りた金額を全額返済すればよい、と思い違いをしてしまう人もいます。

返済が遅れると、次の借り入れに影響することもあります。初回返済日は、借り入れと同時に確認するようにしましょう。

消費者金融による審査のポイントは

消費者金融などを利用すれば簡単に現金を借りることができますが、借りるためには消費者金融による審査に合格をしなければいけません。

審査の基準は、多くが公表されていませんが、基本的には現金を返済することができる能力があるかないかです。このため、一定の収入があり定職についていれば現金を借りることができる可能性は高いです。無職の主婦であっても、旦那側に一定の収入があり返済をする能力があるとみなされれば審査に通る可能性が高いです。また金額が少なくなりますが、学生のようにアルバイトであっても消費者金融の審査に通過することができる可能性は高いです。基本的に、どの程度の収入があるのかによって借りることができる金額も変わってきます。

消費者金融の審査は実際甘いのか

消費者金融であっても銀行であってもカードローンを申し込む時には審査があります。もし、無審査でお金を貸し出してくれる金融機関があったら怪しいと疑う必要があります。世間では、銀行より消費者金融の方が審査が甘いと聞いたことがあると思いますが、決して審査が甘いわけではありません。銀行や消費者金融ごとで審査基準が違い、審査が落ちやすい人の傾向というものがあります。

大手消費者金融の審査通過率というのは月によって変わりますが約45%程度で、それに比べ銀行の審査通過率は約30%程度です。これだけ見れば、消費者金融の方が審査が甘く通りやすいという感じに見えますが、甘いわけではありません。各金融機関で申込者の属性が違うため、どうしても通過率というのは差が出てしまいますが、銀行も大手消費者金融も審査基準は変わりません。

消費者金融に申し込みしているのになかなか審査に通らない人には、なにか問題があります。「信用情報にキズがある」「他社からの借り入れが多い」「年収が安定していない」などの問題があります。その中でも信用情報にキズがあるのは問題があります。信用情報のキズというのは、過去の債務整理や3ヶ月以上の延滞してしまっていると信用情報にキズがある状態のことを言います。