急な出費にとても便利なカードローン

カードローンとはその名の通り、『カードを使ってお金を借りる』『返済する』サービスです。

銀行、クレジット・信販会社、消費者金融がそのサービスを行っております。

様々なカードローン会社がありますが、今回僕がお勧めするのは、『銀行カードローン』そして給料受取口座にしている銀行をお勧めします。

理由は、銀行には頻繁に出入りをするため安心して申し込める、金利が低い、返済が便利にしやすいなどが挙げられます。返済については後程述べます。

カードローンの利用に不慣れな方は、消費者金融などへの申込みは、いくら現在『Webで完結』が定着しているといっても多少の不安はあるかと思います。

その点銀行は、預金や預金の引き出し・給料振込口座・各種公共料金引き落とし口座など、様々な利用で出入りしていると思います。

銀行カードローンでも『Webで完結』できます。

そして、消費者金融に比べ金利が低いです。

それからカードローンの利用にあたって、家族にバレたくないという方がほとんどだと思います。

消費者金融から郵便物が届くのと、銀行から郵便物が届くのでは、奥さん(旦那さん)に封筒を見られた時の顔色は、消費者金融の場合のほうが、はるかに変わると思います。

消費者金融によっては、カードレスといってカード無しでの利用により、郵便物一切なしという会社もありますが、気持ち的に銀行からの借入れのほうが楽だと思います。

次は返済についてです。返済方法ですが上に示したとおり、僕は給料受取口座を持つ銀行からの借入れをお勧めしました。そして返済方法はその口座からの引落しをお勧めします。さらに給料日から近い日に返済日を設定できるならそれをお勧めします。うっかり忘れたということのないようにです。銀行振込やATM払いもありますが、忘れてしまうことの一番少ない口座引落しがいいと思います。

次は審査についてです。

借入れには審査というものがつきものです。銀行、クレジット・信販、消費者金融はそれぞれの信用情報機関に加盟しており、お互いに借入状況、返済状況、申込履歴、金融事故(債務整理や自己破産など)の情報を交換し合っています。延滞には充分きをつけてください。

そしてその情報機関には、携帯電話の支払い状況も載ります。携帯電話料金の支払いも遅れないように気をつけましょう。

まとめ

銀行は、地域に密着しており馴染みも深く、金利も低いです。大手銀行も地方銀行も金利は変わりません。どうしても急な出費が必要な時はあると思います。そんな時には是非『銀行カードローン』をお勧めします。