即日融資を受けるなら消費者金融系がおすすめ

冠婚葬祭や旅行などにより、急な出費が必要となることがあります。

そんな時は、即日融資のキャッシングを利用するのも一つの方法です。

一口にキャッシングと言っても、銀行系のカードローンや消費者金融会社など、どの会社に申し込みを行えばいいのかわからない。借金をしているのを身内や会社にバレるのでは?など初めて利用する方には不安な要素も少なくありません。

そんな方に、即日融資を受けるポイントやキャッシングを利用するにあたっての注意点などをご紹介します。

まず、基本的にキャッシングを行っていることは周囲に知られることはありません。

もちろん返済期日を守らないなど、契約違反を行ったときは現在勤務している会社へ連絡が入ってしまう事もありますが、普通にキャッシングを利用する分には心配する必要はありませんのでご安心ください。

また、即日融資を受けたいときには消費者金融を利用することをお勧めします。

銀行系のカードローンは基本的に最短でも融資を受けるには10日程度期間を有しますので、即日融資を希望する方は消費者金融を利用することをお勧めします。

プロミスはおすすめの消費者金融だ!

プロミスと言う消費者金融をご存知でしょうか?プロミスは消費者金融の中でとても有名な金融会社の1つです。私が利用した感想としても良く、インターネット上の口コミとしてもとても高評価を得ています。プロミスのどのような点が良いのかと言うことについてお話をしたいと思います。

まずはなんといってもスタッフの教育がとてもなっており、親切かつ丁寧な対応がとてもすばらしいと思います。何かわからないことがあったとしても丁寧に答えてくれますし、自分がどのようなことをしたいのか、どのような借り入れをしたいのかと言うことを親切丁寧に寄り添って一緒に考えてくれます。

また初回にキャッシングを行う方に対して、無利息でキャッシングを行うことができるサービスも行っています。初めてキャッシングを行う際にはどのぐらい金利がかかってしまうのかと言うことが心配になってしまうと思いますが、このサービスを利用することによって無利息でお金を借り入れることができます。様々なお客様目線から物事を考え、ニーズに答えられる姿勢がわかることからとてもおすすめできる消費者金融であると言えるでしょう。

消費者金融のキャッシングの貸付審査に通る条件とは

手軽にお金を借りられることから利用者の多いサービスとして消費者金融のキャッシングがありますが、キャッシングで実際にお金を借りられるようになるには所定の貸付審査に通過する必要があります。

いくら簡単にお金を借りられるとは言っても貸付審査に通過できない限り消費者金融のキャッシングは利用することはできないのです。ただし、消費者金融のキャッシングの場合、貸付審査はそれほど厳しいものではなく収入の安定さと仕事に就いているといった二点さえ確実なものであれば過去に金融事故の履歴がない限り貸付審査に通過できると考えておいても間違いはありません。

安定した収入と仕事をしている方であればアルバイトやパートの方でも消費者金融のキャッシングは問題なく利用することができます。

消費者金融は即日融資されるの?

消費者金融系のプロミス、アイフル、アコム等はWEBでの申込みなら最短即日融資をしてくれます。土日祝日も借入ができますので、休日の急な出費にも対応してくれます。ただし、申込みの時間帯によっては即日融資ができないこともありますのでご注意ください。消費者金融は銀行系のカードローンより金利が高いことが多いですが、審査結果が出るのは銀行より早いため融資の実行が早いです。

申込みから最短30分で結果が出ますが、申込みから融資までが2日程度の業者が多いです。借入の申込みの後、勤務先に在籍確認の連絡が来て、その後審査され結果の連絡が来ます。50万円以上の借入で所得証明書類の提出が必要になることが多いです。消費者金融系のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以下の借入れしかできません。

消費者金融のキャッシングを賢く使うには早期返済が大事

気兼ねなくお金を借りられる手段として消費者金融のキャッシングサービスは多くの利用者がいます。たしかに消費者金融のキャッシングでは保証人や担保といった問題に頭を悩ませることなく、ごく簡単な手続きをするだけですぐにお金を借りることができますが、金利が高いという点がネックとなっています。

消費者金融のキャッシングでお金を借りた場合には、決して安いとは言えない利息を支払わなくてならないのです。そのため、消費者金融のキャッシングを賢く使うには早期返済を心掛けることを忘れないようにしましょう。消費者金融の業者の中には無利息期間が設けられているところもあるので、そのような業者のキャッシングを利用して早期返済をしてしまえば高い利息を支払わすにお金を借りることができるからです。

消費者金融による審査のポイントは

消費者金融などを利用すれば簡単に現金を借りることができますが、借りるためには消費者金融による審査に合格をしなければいけません。

審査の基準は、多くが公表されていませんが、基本的には現金を返済することができる能力があるかないかです。このため、一定の収入があり定職についていれば現金を借りることができる可能性は高いです。無職の主婦であっても、旦那側に一定の収入があり返済をする能力があるとみなされれば審査に通る可能性が高いです。また金額が少なくなりますが、学生のようにアルバイトであっても消費者金融の審査に通過することができる可能性は高いです。基本的に、どの程度の収入があるのかによって借りることができる金額も変わってきます。

消費者金融の審査は実際甘いのか

消費者金融であっても銀行であってもカードローンを申し込む時には審査があります。もし、無審査でお金を貸し出してくれる金融機関があったら怪しいと疑う必要があります。世間では、銀行より消費者金融の方が審査が甘いと聞いたことがあると思いますが、決して審査が甘いわけではありません。銀行や消費者金融ごとで審査基準が違い、審査が落ちやすい人の傾向というものがあります。

大手消費者金融の審査通過率というのは月によって変わりますが約45%程度で、それに比べ銀行の審査通過率は約30%程度です。これだけ見れば、消費者金融の方が審査が甘く通りやすいという感じに見えますが、甘いわけではありません。各金融機関で申込者の属性が違うため、どうしても通過率というのは差が出てしまいますが、銀行も大手消費者金融も審査基準は変わりません。

消費者金融に申し込みしているのになかなか審査に通らない人には、なにか問題があります。「信用情報にキズがある」「他社からの借り入れが多い」「年収が安定していない」などの問題があります。その中でも信用情報にキズがあるのは問題があります。信用情報のキズというのは、過去の債務整理や3ヶ月以上の延滞してしまっていると信用情報にキズがある状態のことを言います。