振り込み融資のリスクとは?申し込み時に利用明細の送付は確認!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、ローンカード到着前に振り込みによる融資が受けられ、急いでいるときにはメリットがあります。ですが、この場合、通帳に取引履歴が残りバレるリスクがあるということが知られています。

カードローンの中には、Web明細に対応し、全ての取引情報が確認できるものがあるものの、Web明細の利用でもって振り込み融資の利用明細送付は別になっているものがあります。

利用明細の送付不可にすると振り込み融資は利用出来ない、振り込み融資が出来るようにすると利用明細が送られてしまうというものがあるため、申し込み前に確認しておくことが重要になります。ローンカードは本人限定受取になるものの、利用明細は親展扱いとなるケースもあり、家族に開封されるリスクが残ります。

キャッシングの申し込みってバレない?

冠婚葬祭などで急にお金が必要になって困ることってありますよね。お金が無くて貴重な体験や旅行などに行けないと人生とても損している気がします。そんな時に便利なのがキャッシングです。キャッシングというととても悪く考えてしまう方も多いと思いますが、ATMで直ぐにお金を引き出せますし賢く使えばとても便利なサービスです。

しかし、いざキャッシングを申し込もうと思っても大きな声でキャッシングを利用するという方は少ないのではないでしょうか?大抵の方はキャッシングしている事が自分以外に知られたくないと思うでしょう。電話や郵便物などによって家族に知られてしまうことが怖くて申し込みを止まっている方も多いと思います。

しかし、キャッシングを申し込む会社によっては心配なく利用することが可能です。例えば家の電話ではなく必ず自分の携帯電話にかけてもらえたり、カードの受け取りを自動契約機やWEB申し込みをすることで一切郵便物が家に届かないようにすることも可能です。

また、一部の消費者金融会社は郵便物を送る際には名前をかえて送る、家に電話をする際は会社名ではなく個人名を名乗る等の配慮があります。このように事前に調べておけばこっそりとキャッシングができて悩みを減らすことができるはずです。呉々も使い方には注意をしながら賢く便利に利用してみて下さい。