消費者金融は即日融資されるの?

消費者金融系のプロミス、アイフル、アコム等はWEBでの申込みなら最短即日融資をしてくれます。土日祝日も借入ができますので、休日の急な出費にも対応してくれます。ただし、申込みの時間帯によっては即日融資ができないこともありますのでご注意ください。消費者金融は銀行系のカードローンより金利が高いことが多いですが、審査結果が出るのは銀行より早いため融資の実行が早いです。

申込みから最短30分で結果が出ますが、申込みから融資までが2日程度の業者が多いです。借入の申込みの後、勤務先に在籍確認の連絡が来て、その後審査され結果の連絡が来ます。50万円以上の借入で所得証明書類の提出が必要になることが多いです。消費者金融系のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以下の借入れしかできません。

キャッシングの申込みをするのに便利な自動契約機

近年では、Web申込みが出来るようになった事で消費者金融会社の無人店舗や自動契約機コーナーに足を運ぶ必要が無くなってきています。しかし、パソコンやスマートフォンを持っていなかったり、ネット回線の契約をしていなかったりする場合、他の申込み方法を使う必要があります。その申込み方法の一つが自動契約機を使った申込みです。

自動契約機は銀行グループに所属している会社のキャッシングを使うのであれば、銀行のATMコーナー内に設置されている事があります。その他の独立系消費者金融会社の場合は、駅周辺や交差点、繁華街など様々な場所に自動契約機が設置されています。いずれの自動契約機を使う場合でも、本人確認書類を提出しなければいけませんので、運転免許証や健康保険証などを用意しておくと良いでしょう。

増額申込みと個人信用情報機関の関係

カードローンの利用限度額増額申込みを行なうと、契約者の立場からはあくまでも増額申込みを行なったという認識があります。

しかし、金融業者の立場から考えれば、新規に準じた審査を行なうことになるので、現在の利用限度額を一旦廃止して新たに最初から審査を行って利用限度額を新たに設定することになるわけです。結果的に以前よりも信用履歴が改善していれば増額が可能となり、悪化していれば減額やカードローン自体の利用停止が行われることもあります。

増額申込みが行われた時点で、金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会が行われます。信用情報照会の結果が、以前よりも他社借入れ額や返済状況に改善が見られて、新たな利用限度額設定を高くしても問題が無いと判断された場合に限り、増額申込みが認められるわけです。

消費者金融との契約があると、時々増額申込み案内が届くことがありますが、審査部署とは無関係に再審査を誘導するために行われている案内に過ぎません。

一方、銀行カードローンから届く増額招待案内については、既に銀行側で総額判断を事前に行った上で送られてきているので、招待通りに増額申込みを行なうことが望ましいでしょう。

審査結果は、個人信用情報機関へ登録されるので、契約しているカードローンの種類と信用履歴次第で増額申込みを行なうか判断をすべきです。