キャッシングの本人確認書類について

キャッシングも申込時にはかならず本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類には免許証や健康保険証などが直ぐに頭に浮かびますが、キャッシング業者によって多少の違いはあります。2016年10月の法律改正によって本人確認書類の確認が厳しくなったことによって追加の書類が必要なことも出てきました。

本人確認書類については、運転免許証やパスポートやマイナンバーカードなどの本人の顔写真が添付されている書類であれば、それだけで本人確認書類として認められるようですが、以前には大丈夫であった健康保険証などの本人の顔写真が添付されていない書類は追加の書類の提出を求められることが多いと考えておいたほうがいいでしょう。

キャッシングの返済が長いなと感じている

キャッシングの返済が長いと感じている人多いと思いますが、それは利息があるので長く感じるのです。

利息はなぜ発生するのかというと、キャッシングは消費者金融やカード会社などがやっているので会社が儲けるためにやっているのです。

ですが、その利息も多くなると違法となるのでそのような場合は弁護士などに相談をする必要があり、場合によっては払いすぎた分を返す必要があるからです。

でも、ほとんどの場合は制限範囲内に設定されているので元本と利息を合わせた金額を返済することになります。

もちろん借金が全く減らないというわけではありません。

利息があるので減るスピードが遅いというだけの話であり、着実に減っていることも事実です。

なので、長期戦になることを覚悟して返済をすることが必要です。

審査通過率はどれくらい違ってくるのか?

審査通過率というのは銀行家消費者金融か、大きくないところか大手なのかといったような感じで別れていますが、

審査通過率というのはほとんど変わっています。

やはり銀行系はあまり通過率は良くなく、3割も通過できないようん状況もあるという風にも言われていたりもします。

地方銀行のほうが若干通過しやすいというようなことはありますが、そこまで大きくはないようです。

消費者金融は大手で4割強といったところが大半。 中小レベルになってくると6割から8割くらいと

かなり大きな通過率となりますが、条件はその分わるいです。

こんな感じで大まかな審査通過率がわかると思いますが、やはり信用性が高く硬い経営をしている銀行のほうが通過しにくいです。

ハローハッピーの良い点について

ハローハッピーは中小の消費者金融でありながらも、融資の種類という部分で大きな特徴があります。

融資に関しては、フリーローンだけではなく、リフォーム、医療、事業資金、不動産担保といったローンが存在しており、

目的別に用途が定まっているため、色々な方法で借り入れをすることができます。

目的別に必要な書類は異なりますが、しっかりと必要な書類を揃えることで、利用はできるようになります。

フリーローンでは借りられないものであったとしても、目的別の資金によっては総量規制にも引っかからない例外的な借り入れも可能でありますので、

目的が整っていて、お金が借りたいというような時には、ハローハッピーは利便性が高い会社であるといえるのです。

カードを発行せずにキャッシングを利用することもできる

大手消費者金融のキャッシングでは、ローンのためのカードを発行せず銀行振込専用で利用できるサービスもあります。カードローンなのにカードを発行せずに利用するということですが、カードを発行しないことによって他人に知られずに利用できるというメリットがあります。

キャッシングを利用することを家族に内緒にしておきたいというときは、財布の中や自分の部屋にキャッシングのカードを保管しておくと見られてしまうのが心配になりますので、そういうときはカードを発行せず振込キャッシングで利用すれば安心です。

また、カードを発行しなければカードを紛失する心配もありませんので、不正利用対策としてセキュリティも向上します。キャッシングを利用するときはカードを発行するかどうか一度考えてみましょう。

自動契約機でのキャッシングはとても楽

キャッシングをするときには今では別に関係ない銀行のATMやコンビニのATMなどからできることもあります。しかし、基本的にはその業者の自動契約機などでキャッシングすることのほうがコスト的によいことが多いです。自動契約機となっていますが大抵は貸付もしてもらうことができますから、その点は心配することはないでしょう。

基本的には自動契約機であれば借入、返済に対する手数料をとっていないでしょうから、そうした意味においてコスト的によいわけです。さて、そもそもまずはカードを発行してもらう、ということになります。自動契約機にいって必要なものを聞いてみましょう。

まずは身分証がしっかりと持っていけばとりあえずは大丈夫です。さらに細かい書類を持っていくことになることもありますが、借入限度額がそんなに高くないのであれば収入証明が必要ないことも多いです。これは一社で50万円を超えること、複数社で100万円を超える場合、という条件があります。

但し、これは法律的にそのときには確認しないといけない、ということであり、それ以外のときでも確認するかどうかは業者の判断で可能ではあります。しかし、大抵は求められることはないですから、とりあえず身分証を持っていきましょう。

利用目的の申告においてキャッシングは大変有利に

キャッシングの審査の際、より借入額が重いカードローンと比べてあまり考慮しなくて済むのは、その利用目的でしょう。

キャッシング・カードローン共に審査において重視されるのは利用希望者の安定した収入や身分といった事項。ただ借入額が高額なカードローンの場合、その利用目的を簡単に申告したり、選択肢の中から選ばなければならない消費者金融や銀行も多く、借入れに対するハードルが若干上がるのは覚悟しなければなりません。

一方キャッシングであれば1回の契約で借入するのはせいぜい10万円までであり、特別厳しくその利用目的を追求される事はありません。多くの利用者がちょっとした買い物資金やレジャー、喫緊の出費等の資金として利用したい、という事は分かっていますし、余程の事が無い限り楽に返済可能な範囲でもあるからです。

ちなみに自分の収入等の条件が悪く、キャッシングでさえも審査に落ちる可能性を心配しなければならないのであれば、無理して希望限度額を引き上げる様な行為は止め、無理無く返済可能な限度額に留め、申し込むのがベストでしょう。

キャッシングでも無理な高額を借入したい時は素直にカードローンを利用すべきですが、その利用目的が無理無く、また真っ当なものであるかを十分吟味し、自分の中で納得出来た時点で申し込むべきです。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/