アイフルの家具・インテリアローンとは

アイフルでは家具やインテリアの購入費用を通常のカードローンよりもお得に借り入れできる目的ローンである家具・インテリアローンというローンサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスの詳細についてみていきましょう。

・金利と融資限度額

2018年1月9日時点で金利は年13.0%~年17.0%、融資限度額は最高で100万円までとなっています。金利の上限が年17.0%と一般的な消費者金融のカードローンの上下よりも低い点に特徴があります。

・契約に必要な書類

本人確認書類に加えて家具・インテリアの購入費用や修繕費用を証明できる領収書や見積書などをアイフルに提出する必要があります。

・連帯保証人と担保

家具・インテリアローンは無担保型のローンなので、原則担保も連帯保証人も不要です。

主婦が活用しやすいキャッシングサービスとは

キャッシングは、年齢条件や収入条件が当てはまっていれば、男女問わずに利用する事が出来る融資サービスです。しかし、女性が消費者金融会社でお金を借りるには、色々とハードルがありますので、より利用し易いように消費者金融会社ではレディースローンという融資サービスを提供しています。

レディースローンは主婦が利用するのに適した融資サービスであり、スタッフも女性が担当していますので、ユーザーが何か相談をしたい事があった場合、相談がし易い環境が整っています。サービス自体はキャッシングと同じ内容であり、借り入れしたお金を使う時に利用制限はありませんが、限度額が年収に応じて設定されますのでその限度額までしかお金を借りられない事に注意する必要があるでしょう。

アルバイトの方でも安心して借りられるキャッシング

自分はアルバイトだからとカードローンの借入ができないと思っていらっしゃる方もいるかと思いますが、実はカードローンは勤務形態に関係なくキャッシングをすることができます。ただ、誰でもキャッシングできるかというとそうではなく、返済能力があるかの審査があり、それに通れば借入ができるようになっています。

その際審査の基準となるのは勤務形態などではなく、「毎月一定の収入があるかどうか」がポイントになってきます。ですので、アルバイトやパートでも派遣でも毎月お給料をもらっている方なら審査に通りやすくなっています。また、以上のことからフリーランスで月々の収入にばらつきがある仕事よりは公務員などのより安定した職業の方が審査には通りやすかったりもします。自分が融資を受けれるかどうか興味がある方はまずはオペレーターなどに問い合わせをしてみるとよいです。

キャッシング先は金利を比較し検討しよう

お金が足りなくて金融機関からお金を貸してもらった時には、借りた金額に応じた利子を合わせてお金を返すことになります。そのためキャッシングは借りる金融機関を、その金融機関がどの位の金利を設定しているか確認してから決めることをおすすめします。金利は0・1%違うだけでも年間の利子の金額が数万円単位で違ってくるので、キャッシングは金融機関の金利を複数比較して最も金利が低い所にするようにしましょう。

融資を行っている金融機関の金利は1%~18%の間で設定していることが多く、金利の幅を広げて設定しているのが基本となっています。借りる申請者の状況によって設定される金利が変わってくるので、比較のポイントとしては金利の上限設定が低めの金融機関を選ぶ方が安全です。金融機関の金利設定では低金利になっている所がありますが、審査の過程によっては違うプランに変更されてしまう危険性もあるので注意が要ります。

お目当ての金融機関が見つかったら正式に申し込む前に不安な人は、事前に自分の金利がある程度どうなるかを聞いておくとようにします。金利に納得がいったら書類を準備し、申請を行います。お金を借りたら返済日に間に合うように、毎月きちんと払うようにしましょう。

14時を過ぎた即日融資はネットバンクへの振込キャッシングへ

できるだけ早く、その日の内にお金を借りたいと言うときには、振込キャッシングが最も早く借りられます。

文字通り自分の銀行口座に振り込んでくれるタイプのキャッシングで、契約したキャッシング会社や提携ATMに行かなくても、すぐに振り込んでもらえます。

ただし、銀行にお金を振り込むには、銀行の営業時間内に申し込む必要があり、申し込んだ時間が9時前なら営業が始まる9時まで振り込まれませんし、14時を過ぎれば翌営業日に回されてしまい、即日融資は出来ません。

キャッシング会社によっては、提携しているネットバンクなら、夜中であっても即座に振込を行っているところもあります。

昼過ぎに即お金を借りたくなった時に備えるには、ネットバンクと提携していて振込キャッシングを行っているキャッシング会社と契約して、提携しているネットバンクの講座を作っておくと良いでしょう。

カードローンは支払い総額で比べて初めてお得かどうか分かります

例えばプロミスとオリックス銀行カードローンで10万円借りた時の金利は年17.8%です。金利が同じだから返済総額も同じだと思ったら大間違いです。最低返済額のみを返済した場合、オリックス銀行カードローンの支払い総額が113006円なのに対し、プロミスは125403円とプロミスの方が支払い総額が多くなるのです。

なぜ金利が同じなのに支払い総額に差が出るのかと言うと、毎月の最低返済額がオリックス銀行カードローンが7000円なのに対し、プロミスは4000円だからです。毎月の返済額が倍ほど違うので、オリックス銀行カードローンが17ヶ月で、プロミスは32ヶ月で完済することになります。ですから金利を見てカードローンを選んでも、本当にお得かどうかは分からないのです。

アコムの借換えローン利用時の注意点

アコムでは他社からのキャッシング残高をまとめて返済負担を減らすことができる借換えローンというローンの取り扱いがあります。このローンは他社債務の完済を目指すのに便利なローンですが、利用の際にはいくつかの注意ポイントがあります。利用の際の注意点などについてみていきましょう。

注意ポイントとしてまず挙げられるのが申し込み方法です。アコムのカードローンはインストール申し込みができるのに対し、借換えローンは申し込みの際には店頭窓口から無人契約機に来店する必要があるということをよく覚えておく必要があります。

また他の消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠の借り換えには利用できますが、銀行カードローンの借り換えには対応していないという点にも注意が必要です。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/