一定以上のキャッシングには収入を証明する必要がある

消費者金融や銀行カードローンなどの手続きは、スマホの登場によりとても簡単に出来るようになりました。

少額の借入であれば免許証などの身分証明書があれば申し込むことができ、消費者金融では即日融資も可能です。

ただし一定額以上の借入となると自身の収入を証明する必要が出てくるので注意が必要です。

これは消費者金融における総量規制という決まりによるもので、貸金業者からの借入は利用者の年収の1/3 までと決められているのです。

そのため借入額が大きくなると収入を確認する必要があり、大手消費者金融では50万円を超える貸付に対しては利用者に収入証明書の提出を求めています。

一方で銀行カードローンは消費者金融と同様の商品を扱っていますが、貸金業者ではないため総量規制の対象とはなりません。

しかし貸付に対して独自の基準を設けているところが多く、貸し倒れのリスクを避けるため、やはり50万円以上の貸付で収入証明書を提出する必要のあるという銀行も多くあります。

即日融資をしてもらえたので助かりました

どうしてもその日のうちに現金が必要だったので、即日融資が可能な消費者金融を探すことにしました。インターネットを利用して調べてみたら、即日融資ができる消費者金融が複数あることがわかりほっとしました。

早速ネット経由で申し込みをしたら、約2時間後には審査結果が出て無事に審査に通過したと連絡があったためうれしかったです。在籍確認の電話が会社にあったときには事前にわかっていたとは言えドキドキしましたが、個人名での電話だったので周りに気付かれることもなく安堵しました。

その日の午後には私が指定した口座に希望した金額が振り込まれていたため、窮地を脱することができました。必要な現金をその日のうちに融通してもらうことができ、感謝しています。

キャッシングは総量規制外であるのか

個人の無担保の信用貸しというのがキャッシングであるわけですが、これには総量規制というのがあります。これは年収の三分の一を超える貸付をしてはいけないということであるわけですが、必ずしもキャッシングのその規制が引っかかるわけではないです。それは端的にいってしまうと銀行系であるのかどうかということに繋がっているといえるでしょう。

つまりは、総量規制というのは消費者金融に適用されるものである、ということです。そうした事がありますから、基本的にはどこから借りるのかということによって借りられる上限が変ってくると認識しておきましょう。但し、それはあくまで規制の話であり、それを貸す上限にしないといけないというわけではないです。

クレジットカードの使いすぎ防止方法

クレジットカードで支払いをしてしまうと、その場で支払うわけではないので自分が使った額がわかりにくく、ついつい使いすぎてしまうことはありませんか?

私はネットショッピングをするのにお得なカードや、日常的に普通銀行で使うカードや、ポイント還元が多いカードなど、クレジットカードを何枚も持ち、それぞれ分けて使うことで別に請求が来て、余計に自分がいくら使ったよくわからなくなることもありました。

そうするともちろん、翌月は請求額にびっくりして慌ててしまい、節約どころの騒ぎじゃなくなりますよね…。それでもまたクレジットカードで同じ失敗をしてしまう、という繰り返しも経験したことはありませんか?

このように「使った額がわからないため使いすぎてしまう」というということをなくすためには、「そもそもクレジットカードを使わないこと」が一番良いのはもちろんですが、もし使うとしたらやはり1枚にして支払い請求を一本化すると使い過ぎがわかりやすく、節約に結びつきますよ。

ついつい作ってしまったけれど使っていない余計なクレジットカードを持っているだけでも年会費もかかるため、そういうカードは思い切って解約してみることもお勧めします。

また、クレジットカードの利点としては海外旅行などで使えることや、ポイントが溜まることも挙げられるので、積極的な活用もお得になったり、節約に繋がることもあります。

しかし、くれぐれも使い過ぎには注意ですよ!クレジットカードは未来の自分への借金には違いがありません。自分を大切にするためにも、その月のお金でやりくりすることも考慮にいれてみることも大事です。

まずは、「クレジットカード」自体を恐れるのではなくて、「節約の意識を持ってお金を使う」という意識を大切にしていけるといいですよね。

即日融資を受けるなら消費者金融系がおすすめ

冠婚葬祭や旅行などにより、急な出費が必要となることがあります。

そんな時は、即日融資のキャッシングを利用するのも一つの方法です。

一口にキャッシングと言っても、銀行系のカードローンや消費者金融会社など、どの会社に申し込みを行えばいいのかわからない。借金をしているのを身内や会社にバレるのでは?など初めて利用する方には不安な要素も少なくありません。

そんな方に、即日融資を受けるポイントやキャッシングを利用するにあたっての注意点などをご紹介します。

まず、基本的にキャッシングを行っていることは周囲に知られることはありません。

もちろん返済期日を守らないなど、契約違反を行ったときは現在勤務している会社へ連絡が入ってしまう事もありますが、普通にキャッシングを利用する分には心配する必要はありませんのでご安心ください。

また、即日融資を受けたいときには消費者金融を利用することをお勧めします。

銀行系のカードローンは基本的に最短でも融資を受けるには10日程度期間を有しますので、即日融資を希望する方は消費者金融を利用することをお勧めします。

流行りのキャッシュレスに乗り遅れないで!

「節約」って主婦にとって永遠のテーマな気がします。

節約大好きな私。節約オタクと言っても良いでしょう。

そんな私の強い味方なのが話題の

キャッシュレス。

コード支払いの電子マネー決済です。

増税前に色々な会社がキャッシュレスシステムを取り入れ、どこの会社が一番お得かの嬉しい戦いが起こっています。

ある会社は、

買った分の20%を還元してくれて

おまけにsoftbankユーザーだと

5回に1回1000円までのお買い物を、そのまま還元してくれたりします。

この企画は今は終わっていますが、実に有り難い企画でした。

ちなみに他のキャリアを使ってる方は、10回に1回の割合で当たるみたいです。

こちらの企画はまだまだ実施中です。

またある会社は

毎月、何かが半額になるという企画を打っています。

こちらも凄く魅力的です。

気に入っているのは、この会社は今のところ毎月無料で何かをくれるところです。

今月はシュークリームをタダで頂けました。

他にもポイント40倍バックなど、色々な会社が色々なお得な事をしてくれています。

自分で他の会社が何をやってるか、探すのも宝探しみたいで楽しいですよ。

私はこの企画をうまく立ち回って、かなりの節約に成功しました。

皆さんも是非やってみてはいかがでしょうか?

なくなっても困らないもの=不必要

100円均一に行くと、ついうっかり。

あまり必要のなかったものを購入してしまった経験は皆さんあると思います。

たかが100円、されど100円。

その考え方の積み重ねが節約できるかできないかだと考えています。

時間や余裕がない時は、考える余地はないかもしれませんが、一つ一つ、切り捨てていく作業はなかなか楽しいものですよ。

例えば、スマホなどのメモ機能に、買いたいもの、欲しいものを羅列します。

そこから、日用雑貨のように日々の暮らしで絶対的に必要なもの、洋服のように無くても問題がないもの、あれば便利だけど、無いなら無いで何か代用できそうなもの。

その日、買わなくてもやり過ごせたものは、もしかしたら本当は必要ないのかもしれません。

そして、ゆくゆく、そのリストにずっと残り続けるものは、本当に手に入れたいものかもしれません。

案外、衝動的に欲しいと感じるものは、購入すれば満足感はえられるでしょう。ただ、少し時間が経って、少し後悔する場合もあります。

なぜなら、インターネットショッピングのサイトもたくさん存在し、便利な上、ポイントも貯まったり、その恩恵に感謝する瞬間もありつつ、すぐクリック一つで購入できてしまうのは、ムダ遣いを助長させます。

なので、買い物をする時もカゴに入れてから、レジに行く前に一旦立ち止まって、チェックしてみたり、購入をクリックする前に一旦スマホやPCから離れてみるというのはいかがでしょう。

無くなっても命に関わらないもの、それはきっと無くても大丈夫なのかも。

極論を言うと、車を手放して、自転車や公共交通機関に移動をシフトしてみようなんて、考え方だけでなく、心や体もスマートになる日も来るかもしれません。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/