主婦が検討するキャッシング先は銀行カードローン

家計を預かる主婦にとって、キャッシングを行い毎月の収支バランスを調整する機会があっても不思議ではありません。急な支出だけでなく、配偶者の残業量により手取り給与が増減するからです。
しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、主婦が消費者金融や信販会社から借入れることが難しくなっています。なぜなら、総量規制により本人の年収に対して1/3位内の貸付に制限されているからです。
専業主婦ならば本人に収入が無いので、最初から消費者金融は相手にしてもらえなくなりました。
パート収入がある兼業主婦であっても、配偶者扶養控除内で働いている限り、消費者金融からの借入可能額が30万円以下に制限されてしまうでしょう。

銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから配偶者の収入による審査を受ければ、審査次第で主婦であっても融資を受けられます。銀行カードローン全てが主婦に対して寛容な姿勢を見せているわけではなく、実際にはアルバイト・パート収入でも可能としている銀行を選ぶことが重要です。
銀行カードローンを優先的に申込みして、主婦自らにパート収入があるならば、次の候補として消費者金融を念頭に置くと良いでしょう。
低金利で利用限度額設定が大きく得られる銀行カードローンを優先すると良いわけです。

キャッシングの申し込みってバレない?

冠婚葬祭などで急にお金が必要になって困ることってありますよね。お金が無くて貴重な体験や旅行などに行けないと人生とても損している気がします。そんな時に便利なのがキャッシングです。キャッシングというととても悪く考えてしまう方も多いと思いますが、ATMで直ぐにお金を引き出せますし賢く使えばとても便利なサービスです。

しかし、いざキャッシングを申し込もうと思っても大きな声でキャッシングを利用するという方は少ないのではないでしょうか?大抵の方はキャッシングしている事が自分以外に知られたくないと思うでしょう。電話や郵便物などによって家族に知られてしまうことが怖くて申し込みを止まっている方も多いと思います。

しかし、キャッシングを申し込む会社によっては心配なく利用することが可能です。例えば家の電話ではなく必ず自分の携帯電話にかけてもらえたり、カードの受け取りを自動契約機やWEB申し込みをすることで一切郵便物が家に届かないようにすることも可能です。

また、一部の消費者金融会社は郵便物を送る際には名前をかえて送る、家に電話をする際は会社名ではなく個人名を名乗る等の配慮があります。このように事前に調べておけばこっそりとキャッシングができて悩みを減らすことができるはずです。呉々も使い方には注意をしながら賢く便利に利用してみて下さい。

即日融資を受けられるキャッシングの魅力

キャッシングの中でも即日融資を受ける事ができるキャッシングは高い人気を誇っています。お金が不足して困ってしまった時も即日融資のキャッシングを利用する事で困難な状況を乗り越える事が可能です。ただしキャッシングを実施している消費者金融全てが即日融資のキャッシングを行っている訳ではないので、その点には気を付けないといけないです。

即日融資を実施しているキャッシングは、申込完了も短いのが特徴です。申込をしてから完了するまで、即日融資を行っているキャッシング業者によっては、一時間ほどで終了してしまうケースもあります。その為、忙しくて中々時間を確保する事ができない方もあっという間に申込をする事ができ、融資を受けられるチャンスが発生します。

万全の態勢でキャッシングの申込をする事で、融資を受けられる可能性が出てきます。身分証明証以外にも収入証明証を準備して、審査にいい影響を与えられるように対策しなくてはいけないです。特に収入証明証は重要な役割を持っており、どのくらいの返済能力を持っているのか判断する為に必要不可欠です。

即日融資のキャッシングも審査が行われており、審査を通過する事ができないと残念ながら利用する事ができません。

金利が低いからといって借金が減っている訳ではない!

キャッシングローンを契約する際、必ず金利条件を重視する筈です。例えば、消費者金融のカードローンに比べ、銀行カードローンの方が最低でも約3%ほど低くなります。そのため、利息が少なくて済むことになります。

ですが、金利が低いからといって、借金自体が減る訳で訳ではありません。金利による影響は、発生する利息が抑えられるため、将来的に支払う総返済額が少なくなるだけであり、申し込み時点や借り入れ期間中に発生していないことを認識する必要があります。

如何に金利が低くても、返済期間が長くなる可能性がある他、収入が減り返済が苦しくなることも考えられます。そのため、金利が低い場合、差額分を返済に充てられると考えるのが重要です。例えば、単純計算で10万円を借り入れ金利差が3%だった場合、銀行カードローンなら1ヶ月分の最低返済額よりも高くなります。つまり、金利が下がった分は返済に当てることでより効率的かつ返済額を抑えられることになります。また、将来の不安要素を減らすことにも繋がります。

金利が低いからといって、生活に余裕を持たせられると考えるよりも、返済に充てられる余裕が増えると考えることの方が重要となります。キャッシングを検討する際は、効率の良い返済を考えることをおすすめします。

増額申込みと個人信用情報機関の関係

カードローンの利用限度額増額申込みを行なうと、契約者の立場からはあくまでも増額申込みを行なったという認識があります。

しかし、金融業者の立場から考えれば、新規に準じた審査を行なうことになるので、現在の利用限度額を一旦廃止して新たに最初から審査を行って利用限度額を新たに設定することになるわけです。結果的に以前よりも信用履歴が改善していれば増額が可能となり、悪化していれば減額やカードローン自体の利用停止が行われることもあります。

増額申込みが行われた時点で、金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会が行われます。信用情報照会の結果が、以前よりも他社借入れ額や返済状況に改善が見られて、新たな利用限度額設定を高くしても問題が無いと判断された場合に限り、増額申込みが認められるわけです。

消費者金融との契約があると、時々増額申込み案内が届くことがありますが、審査部署とは無関係に再審査を誘導するために行われている案内に過ぎません。

一方、銀行カードローンから届く増額招待案内については、既に銀行側で総額判断を事前に行った上で送られてきているので、招待通りに増額申込みを行なうことが望ましいでしょう。

審査結果は、個人信用情報機関へ登録されるので、契約しているカードローンの種類と信用履歴次第で増額申込みを行なうか判断をすべきです。

急な出費にとても便利なカードローン

カードローンとはその名の通り、『カードを使ってお金を借りる』『返済する』サービスです。

銀行、クレジット・信販会社、消費者金融がそのサービスを行っております。

様々なカードローン会社がありますが、今回僕がお勧めするのは、『銀行カードローン』そして給料受取口座にしている銀行をお勧めします。

理由は、銀行には頻繁に出入りをするため安心して申し込める、金利が低い、返済が便利にしやすいなどが挙げられます。返済については後程述べます。

カードローンの利用に不慣れな方は、消費者金融などへの申込みは、いくら現在『Webで完結』が定着しているといっても多少の不安はあるかと思います。

その点銀行は、預金や預金の引き出し・給料振込口座・各種公共料金引き落とし口座など、様々な利用で出入りしていると思います。

銀行カードローンでも『Webで完結』できます。

そして、消費者金融に比べ金利が低いです。

それからカードローンの利用にあたって、家族にバレたくないという方がほとんどだと思います。

消費者金融から郵便物が届くのと、銀行から郵便物が届くのでは、奥さん(旦那さん)に封筒を見られた時の顔色は、消費者金融の場合のほうが、はるかに変わると思います。

消費者金融によっては、カードレスといってカード無しでの利用により、郵便物一切なしという会社もありますが、気持ち的に銀行からの借入れのほうが楽だと思います。

次は返済についてです。返済方法ですが上に示したとおり、僕は給料受取口座を持つ銀行からの借入れをお勧めしました。そして返済方法はその口座からの引落しをお勧めします。さらに給料日から近い日に返済日を設定できるならそれをお勧めします。うっかり忘れたということのないようにです。銀行振込やATM払いもありますが、忘れてしまうことの一番少ない口座引落しがいいと思います。

次は審査についてです。

借入れには審査というものがつきものです。銀行、クレジット・信販、消費者金融はそれぞれの信用情報機関に加盟しており、お互いに借入状況、返済状況、申込履歴、金融事故(債務整理や自己破産など)の情報を交換し合っています。延滞には充分きをつけてください。

そしてその情報機関には、携帯電話の支払い状況も載ります。携帯電話料金の支払いも遅れないように気をつけましょう。

まとめ

銀行は、地域に密着しており馴染みも深く、金利も低いです。大手銀行も地方銀行も金利は変わりません。どうしても急な出費が必要な時はあると思います。そんな時には是非『銀行カードローン』をお勧めします。

総量規制対象外って何?知ってることでローン契約が変わる!

今、銀行系カードローンの多くが総量規制対象外という言葉を掲げています。

消費者にとって、総量規制という言葉自体に馴染みが無く、どのような場合で対象または対象外になるのか疑問が多いはずです。

実は、金融機関や業者には異なる法律が適用されていることがポイントとなります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法が適用され、総量規制は貸金業法に定められるものです。

そもそも、総量規制自体は過去に消費者金融が高金利で貸付したことによる過払い金や債務整理の増加により整備がされました。

総量規制とは、年収の1/3以下までの融資しか出来ないということであり、高い金利により契約者の生活が破綻しないようなっています。

一方、銀行は貸金業では無く、銀行業であり総量規制対象外となっています。

カードローンと言えども、銀行と消費者金融では全くことなるものであり、融資可能金額は銀行の採用で判断されます。

この点を理解しているだけで、ローン契約時にどんな法律が適用されるのか自己判断が可能となります。

しかし、近年は銀行系カードローンでも保証会社の審査が必要となり、保証会社の多くが有名消費者金融ということが多くなっています。

そのため、総量規制対象外のローンであっても、保証会社がどのような会社なのか確認することも重要なこととなります。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/