カードローンを利用して感じたこと

調子に乗って恋人に高価なプレゼントをあげると約束してしまい、結局お金が足りなくて消費者金融でカードローンを利用しました。
約束した時はこれくらいなら何とかなると思った金額だったのですが、お金って案外貯まらないものなんですね。
毎月コツコツ貯めていたはずなんですが、必要な金額にまったく足りなかったです。

で、利用した消費者金融は家の近くにあるテレビなんかでもCMをしている有名なところです。
誰でも一度は耳にしたり目にしたことがある超有名な消費者金融です。
だからなのか、平日の午前中だというのに利用者がたくさんいて驚きました。

それだけ信頼できる会社だということなんでしょうね。
私も利用するにあたってとくに心配したことはありませんでした。
社員の人も非常に礼儀正しく、きちんと教育されているようでとても安心できました。

社員の態度ってとても大事ですよね。
態度が良ければきちんとしている会社なんだなと安心できます。
逆に態度が悪いといろいろ心配になります。
実際にはどうなのかわかりませんが、私はそう思っています。

お金を借りるのはこちらですから偉そうなことは言えませんが、より良い会社があるならそちらを選びたいです。
多少は金利が高かったとしても、私はきちんとしている会社を選ぶと思います。

他の人はどうなんでしょうか。
ちょっと気になります。

アイフル

アイフルは、キャッシング会社の中でも大手で有名な会社になります。アイフルのCMをテレビで見たことがある方もいらっしゃると思います。アイフルに初めてお申し込み、利用される方は、最大で30日間無利息になる嬉しいサービスもあります。初めての申し込みに少し不安がある方もいらっしゃると思います。そんな方には、ネットから無料で融資が可能かどうか診断することもできるので、まずお試しください。年齢や雇用形態、年収や他のキャッシング会社での借り入れ額を記入するだけで診断が可能です。

1分もあれば審査結果がわかるので初めてで申し込みに迷われておられる方は是非利用してみてください。実際に申し込みされる方は、最短30分で審査結果がわかります。審査結果の時間を短くされたい方は、ネットから申し込みされたあとアイフルまで電話をすることで可能となります。この方法なら当日に融資が受けられる確率も上がります。初めてアイフルをご利用になられる方は、初めての方専用の電話番号を利用されるとよいです。また男性よりも女性の方に電話対応をしてもらいたいという方は、女性オペレーター専用の電話番号を利用してください。アイフルなら365日、24時間いつでも申し込みが可能となっているので、急にお金が必要となったときでも安心です。

借り換えタイミング次第で現在の債務残高を減らす事が出来る

キャッシングで借り入れをしますと、期日までに返済をする必要があります。この返済をするお金は、元金に借入利率を乗じて計算された利息を合算した金額になりますが、この借入利率次第で返済の負担は大きく変わってきます。現在の債務残高がかなり残っているのであれば、借り換えを検討してみるのも良いでしょう。

借り換えタイミングを考慮して借り換えを行う事で借入利率を低くして利息を減らすといった事ができ、一層返済がし易くなります。返済環境を変えるにはキャッシングの借り換えは効果的です。しかし、完全に借り換えを行うには現在の債務を全て返済する必要があります。その債務を全て解消するだけの借り入れを行い、限度額の余った部分を通常の使い方で利用するといった方法が考えられます。

J.Score(ジェイスコア)は増額申し込みがすぐにできる

J.Score(ジェイスコア)という会社は利用限度額の増額に関して、特徴的な面を持っています。

それは利用を始めてから間もない段階で、増額の申し込みができるという部分になるのです。

J.Scoreでは、利用を開始してから30日程度経過すると、申し込みができるのですが、これは他社と比べてもかなり早いです。

30日程度というのは実績がほとんどないような状況なので、その時点で増額が可能になるかもしれないということは、実績はあまり関係ないということも言えるかもしれません。

J.Scoreを利用すると、当初はそこまで多くは借りられない状況があったとしても、その後希望金額に近づけるような状況になるかもしれないので、そこは知っておくと良いと思います。

一定以上のキャッシングには収入を証明する必要がある

消費者金融や銀行カードローンなどの手続きは、スマホの登場によりとても簡単に出来るようになりました。

少額の借入であれば免許証などの身分証明書があれば申し込むことができ、消費者金融では即日融資も可能です。

ただし一定額以上の借入となると自身の収入を証明する必要が出てくるので注意が必要です。

これは消費者金融における総量規制という決まりによるもので、貸金業者からの借入は利用者の年収の1/3 までと決められているのです。

そのため借入額が大きくなると収入を確認する必要があり、大手消費者金融では50万円を超える貸付に対しては利用者に収入証明書の提出を求めています。

一方で銀行カードローンは消費者金融と同様の商品を扱っていますが、貸金業者ではないため総量規制の対象とはなりません。

しかし貸付に対して独自の基準を設けているところが多く、貸し倒れのリスクを避けるため、やはり50万円以上の貸付で収入証明書を提出する必要のあるという銀行も多くあります。

即日融資をしてもらえたので助かりました

どうしてもその日のうちに現金が必要だったので、即日融資が可能な消費者金融を探すことにしました。インターネットを利用して調べてみたら、即日融資ができる消費者金融が複数あることがわかりほっとしました。

早速ネット経由で申し込みをしたら、約2時間後には審査結果が出て無事に審査に通過したと連絡があったためうれしかったです。在籍確認の電話が会社にあったときには事前にわかっていたとは言えドキドキしましたが、個人名での電話だったので周りに気付かれることもなく安堵しました。

その日の午後には私が指定した口座に希望した金額が振り込まれていたため、窮地を脱することができました。必要な現金をその日のうちに融通してもらうことができ、感謝しています。

キャッシングは総量規制外であるのか

個人の無担保の信用貸しというのがキャッシングであるわけですが、これには総量規制というのがあります。これは年収の三分の一を超える貸付をしてはいけないということであるわけですが、必ずしもキャッシングのその規制が引っかかるわけではないです。それは端的にいってしまうと銀行系であるのかどうかということに繋がっているといえるでしょう。

つまりは、総量規制というのは消費者金融に適用されるものである、ということです。そうした事がありますから、基本的にはどこから借りるのかということによって借りられる上限が変ってくると認識しておきましょう。但し、それはあくまで規制の話であり、それを貸す上限にしないといけないというわけではないです。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/