Home » Page 3

増額申込みと個人信用情報機関の関係

カードローンの利用限度額増額申込みを行なうと、契約者の立場からはあくまでも増額申込みを行なったという認識があります。

しかし、金融業者の立場から考えれば、新規に準じた審査を行なうことになるので、現在の利用限度額を一旦廃止して新たに最初から審査を行って利用限度額を新たに設定することになるわけです。結果的に以前よりも信用履歴が改善していれば増額が可能となり、悪化していれば減額やカードローン自体の利用停止が行われることもあります。

増額申込みが行われた時点で、金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会が行われます。信用情報照会の結果が、以前よりも他社借入れ額や返済状況に改善が見られて、新たな利用限度額設定を高くしても問題が無いと判断された場合に限り、増額申込みが認められるわけです。

消費者金融との契約があると、時々増額申込み案内が届くことがありますが、審査部署とは無関係に再審査を誘導するために行われている案内に過ぎません。

一方、銀行カードローンから届く増額招待案内については、既に銀行側で総額判断を事前に行った上で送られてきているので、招待通りに増額申込みを行なうことが望ましいでしょう。

審査結果は、個人信用情報機関へ登録されるので、契約しているカードローンの種類と信用履歴次第で増額申込みを行なうか判断をすべきです。

急な出費にとても便利なカードローン

カードローンとはその名の通り、『カードを使ってお金を借りる』『返済する』サービスです。

銀行、クレジット・信販会社、消費者金融がそのサービスを行っております。

様々なカードローン会社がありますが、今回僕がお勧めするのは、『銀行カードローン』そして給料受取口座にしている銀行をお勧めします。

理由は、銀行には頻繁に出入りをするため安心して申し込める、金利が低い、返済が便利にしやすいなどが挙げられます。返済については後程述べます。

カードローンの利用に不慣れな方は、消費者金融などへの申込みは、いくら現在『Webで完結』が定着しているといっても多少の不安はあるかと思います。

その点銀行は、預金や預金の引き出し・給料振込口座・各種公共料金引き落とし口座など、様々な利用で出入りしていると思います。

銀行カードローンでも『Webで完結』できます。

そして、消費者金融に比べ金利が低いです。

それからカードローンの利用にあたって、家族にバレたくないという方がほとんどだと思います。

消費者金融から郵便物が届くのと、銀行から郵便物が届くのでは、奥さん(旦那さん)に封筒を見られた時の顔色は、消費者金融の場合のほうが、はるかに変わると思います。

消費者金融によっては、カードレスといってカード無しでの利用により、郵便物一切なしという会社もありますが、気持ち的に銀行からの借入れのほうが楽だと思います。

次は返済についてです。返済方法ですが上に示したとおり、僕は給料受取口座を持つ銀行からの借入れをお勧めしました。そして返済方法はその口座からの引落しをお勧めします。さらに給料日から近い日に返済日を設定できるならそれをお勧めします。うっかり忘れたということのないようにです。銀行振込やATM払いもありますが、忘れてしまうことの一番少ない口座引落しがいいと思います。

次は審査についてです。

借入れには審査というものがつきものです。銀行、クレジット・信販、消費者金融はそれぞれの信用情報機関に加盟しており、お互いに借入状況、返済状況、申込履歴、金融事故(債務整理や自己破産など)の情報を交換し合っています。延滞には充分きをつけてください。

そしてその情報機関には、携帯電話の支払い状況も載ります。携帯電話料金の支払いも遅れないように気をつけましょう。

まとめ

銀行は、地域に密着しており馴染みも深く、金利も低いです。大手銀行も地方銀行も金利は変わりません。どうしても急な出費が必要な時はあると思います。そんな時には是非『銀行カードローン』をお勧めします。

総量規制対象外って何?知ってることでローン契約が変わる!

今、銀行系カードローンの多くが総量規制対象外という言葉を掲げています。

消費者にとって、総量規制という言葉自体に馴染みが無く、どのような場合で対象または対象外になるのか疑問が多いはずです。

実は、金融機関や業者には異なる法律が適用されていることがポイントとなります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法が適用され、総量規制は貸金業法に定められるものです。

そもそも、総量規制自体は過去に消費者金融が高金利で貸付したことによる過払い金や債務整理の増加により整備がされました。

総量規制とは、年収の1/3以下までの融資しか出来ないということであり、高い金利により契約者の生活が破綻しないようなっています。

一方、銀行は貸金業では無く、銀行業であり総量規制対象外となっています。

カードローンと言えども、銀行と消費者金融では全くことなるものであり、融資可能金額は銀行の採用で判断されます。

この点を理解しているだけで、ローン契約時にどんな法律が適用されるのか自己判断が可能となります。

しかし、近年は銀行系カードローンでも保証会社の審査が必要となり、保証会社の多くが有名消費者金融ということが多くなっています。

そのため、総量規制対象外のローンであっても、保証会社がどのような会社なのか確認することも重要なこととなります。

キャッシングは主婦でも出来るのか

キャッシングというのは、色々と定義がありますが多くの場合、消費者金融からの借り入れを指します。無担保、無保証人で貸してくれるわけですから、実は非常に良い金融サービスです。昔から色々な人が利用していたわけですが、その一人として主婦があります。要するに生活の資金などの補填に使っていたわけですが、これが総量規制によってかなり難しくなりました。具体的にいいますと収入がまったくない主婦の場合、貸すことが事実上不可能になったのです。配偶者貸付をするか、或いは総量規制外の銀行カードローンなどを利用するしかなくなりました。キャッシングをするのであれば専業主婦は配偶者からの同意がある配偶者貸付をすることになります。

キャッシングの比較について考える

キャッシングの比較について考えていきたいと思います。キャッシングの比較と言えばついつい借入額や金利を考えがちとなりますが、それも大切なことですが私としては利用のしやすさを重視した方が良いと思います。なぜかと言うと自分のライフスタイルに合わせて無理なくキャッシングを利用した方がストレスもなく利用出来るからです。

具体的にはまず何を見るかというと「返済日」です。だいたいのキャッシングでは返済日を選べますが会社によっては返済日が決まっている所もあります。自分の給料日に合わせて返済するのが自然だし、もし何かあって給料日前に返済日となっていて返済が出来なくなるというトラブルも考えられるのでまずは給料日後に返済日を設定出来るかがポイントとなります。

次に「返済方法」です。返済がキャッシングにおいて一番のストレスになることは間違いないです。返済日にきっちり返済しなくてはと思いながら給料日前などは過ごすと思いますが、返済日にもし店舗にて返済出来ないということもあるかもしれません。営業時間内に間に合わないケースもあると思います。まずは口座からの引き落としならば返済を気にしなくてもいいですし、コンビニのATMでの返済方法が可能なら時間の制約を気にしなくてもいいので便利に利用できます。

総量規制に引っかかるのが専業主婦

ここからご記入ください。悪名高い総量規制は、2010年に貸金業法が改正されて始まりました。これは、借入が年収の3分の1までしかできないというものです。それまで自由に借りられていた専業主婦の方は、一転して消費者金融では借りられなくなったのです。さらに新規の借入なら50万以上、複数社から借り入れている場合は合計100万円を超える場合、収入証明書の提出が義務づけられたのです。これにより直接収入のない専業主婦は消費者金融では借りられず、闇金に流れるという本末転倒な事態となったのです。

しかし専業主婦の方でも、全く借りられないわけではありません。総量規制は消費者金融と信販会社を対象としており、銀行は対象外となっているのです。ですから銀行カードローンの多くが、専業主婦も貸付対象としているのです。ただし専業主婦は収入がないために、30万円程度の融資限度額となっています。もちろん配偶者の同意や収入証明書は不要なので、配偶者に内緒で借りられます。

なお消費者金融でも、総量規制の対象外となる融資があります。それがおまとめローンで、年収の3分の1までという制限がなくなるのです。貸金業法は利用者の保護を目的に制定されているので、利用者に一方的に有利となる借り換えまでも禁止していないというわけです。

確定申告ナシの在宅ワーカーでもキャッシングできるか試してみました

在宅ワークで生計を立てています。

と言っても実家で両親に食べさせてもらっていて、この仕事で貰えるのは年収30万程度です。

大して出かけませんし趣味もないので、出ていくお金は月1万の携帯代位のものです。

そんな時にふと「在宅ワークでもキャッシングできるのかな、もし出来るならそのお金で旅行へ出掛けたいな」と思い、試しに楽天ローンへ申し込みしました。

それが丁度GW中の事で、GW初日の夕方に申し込んだのですが、反応があったのは翌日午後でした。

女性のオペレーターから電話があり、現在の仕事内容を確認したいと言われたのです。

そこで10分程、仕事はどんな事をしているか年収は幾らか、自分で払っているお金は毎月幾らか等聞かれました。

在宅ワークの場合は個人事業主になるので、提出書類が本人確認書の他に、確定申告書が必要なようです。

年収38万以下なら確定申告しなくてもいいとの事でしていなかった私は、提出できる書類がない事に気づきました。

電話の後はGW明けまで審査結果を待ち、結果は残念な事に登録ならずでした。

次にプロミスへ登録しましたがこちらもダメで、アコムは申し込みして1時間程で審査落ちのメールがありました。

モビットもアイフルも審査落ちで、かなり落ち込みました。

これだけ審査落ちするのは、他のキャッシング会社にも私が在宅ワーカーだと広まっているのか、と勘繰る程早かったです。

また確定申告をして、楽天ローンに再挑戦してみようと思います。

ただ、楽天ローンは審査落ちすると6か月は再申し込み出来ないようで、そこがちょっと残念です。