アコムの借換えローン利用時の注意点

アコムでは他社からのキャッシング残高をまとめて返済負担を減らすことができる借換えローンというローンの取り扱いがあります。このローンは他社債務の完済を目指すのに便利なローンですが、利用の際にはいくつかの注意ポイントがあります。利用の際の注意点などについてみていきましょう。

注意ポイントとしてまず挙げられるのが申し込み方法です。アコムのカードローンはインストール申し込みができるのに対し、借換えローンは申し込みの際には店頭窓口から無人契約機に来店する必要があるということをよく覚えておく必要があります。

また他の消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠の借り換えには利用できますが、銀行カードローンの借り換えには対応していないという点にも注意が必要です。

消費者金融でWEB完結申込を利用する時の運転免許証の提出の注意点

消費者金融ではWEB完結申込が主流になっていて来店不要でキャッシングをする事が出来ます。それで他の人に内緒にする事が出来る点がメリットになりますが、運転免許証の提出をする時は注意が必要です。そこで消費者金融でWEB完結申込を利用する時の運転免許証の提出の注意点を確認していきましょう。

WEB完結申込を利用する時はスマホのアプリで撮影する方法で提出します。それで運転免許証に記載されている住所や氏名をしっかり写るように撮影しないと再提出になってしまうので即日融資を受ける時に支障が出てしまう可能性があります。また消費者金融では運転免許証の表面と裏面の両方を撮影する必要がある事が多いので裏面に何も記載されていなくてもしっかり撮影して提出しましょう。

何処で借りるか迷ったら毎月の返済額で選択しよう

一般的にカードローンで借りる金額は10万円までが圧倒的に多いです。車や家のローンと違って数万円程度なら借りやすいというのが実状です。ちなみに消費者金融の金利はほぼ横並びの年18%です。モビットは無利息サービスがないのであまりオススメできませんが、その他の消費者金融はどこも似たり寄ったりで決め手に欠けます。

そのような方は返済面で比較すればいいかもしれません。例えば5万円借りた時の毎月の最低返済額は、プロミスが2000円、アコムが3000円、アイフルが4000円です。また約定返済日をアコムとアイフルは、お客側が自由に決められます。毎月の返済額が少ないと返済期間がどうしても長くなりがちですが、返済自体は非常に楽です。自分の懐状況を良く理解してから、返済しやすい金融機関で借りればいいのです。

大手銀行のカードローンの審査で注意したい点は?

大手銀行のカードローンは上限金利が15%以下で設定されているので安心してお金を借りる事が出来ます。それで大手銀行のカードローンを利用する人もいますが、審査に落ちてしまう可能性もあるので注意する必要があります。そこで大手銀行のカードローンの審査で注意したい点を確認していきましょう。

大手銀行のカードローンは返済能力を重視するので安定した収入を得ているだけでは審査に落ちてしまう可能性があります。他社からの借入件数や借入総額が多いと安定した収入を得ていても返済能力がないと判断されてしまいます。また借入希望額を高くしてしまうと収入に見合っていない事があるので返済能力がないと判断されてしまいます。大手銀行のカードローンの審査基準は安定した収入を得ているだけではないので注意しましょう。

増額申込みに必要な3つのポイント

金融業者と借入の契約出来ても、最初の限度額は低めにされており、より多く借りるためには増額申込みが必要になります。

ですが当然、申込みをすれば誰でも増額してもらえるわけではなく、増額申込みには増額申込みで、重要なポイントがあります。

まず前提になるのが、信用情報です。

増額申込みで必要になる信用は、金融事故を起こしていないかは勿論、契約時よりも借り入れしている他賃金業者が増えていても損なわれます。

次々に借入先を増やすということは、総量規制に引っかかる可能性や、金銭的余裕が全く無くなっている可能性が高いからです。

信用情報が問題なければ、次は利用実績を見られます。

半年はしっかり返済しないと増額してもらえないと言うのは、この利用実績を作るためです。

多くの金融業者は直近数ヶ月で返済の延滞が起きていないかを見るので、一度返済が遅れた程度なら、その後数ヶ月から半年ほど延滞しなければ、増額申請が通る可能性は十分あります。

最後に必要なのが、増額する理由です。

増額申込みをする時には何のために増額するかを聞かれることも少なくありません。

自分から増額を申込む人は、今までよりお金に困る状態や環境になっている可能性が高いので、借り逃げせずちゃんと返済できるか探りを入れるためです。

矛盾せず、金融業者が納得して信用してくれるような説明をできるよう、理由をしっかりと考えておく必要があります。

Qpaという変わったキャッシング業者

Qpaというキャッシング業者は、通常のキャッシング業者とはちょっとかわっていて、

企業の売掛金を担保としてお金を貸してくれるというちょっと変わったサービスをやっています。

企業の売掛金を担保にかなり高額の融資をしてくれることが可能であり、下は数十万円から、上は1億円以上と

幅広い融資金額をカバーしているため、お金を借りる目的に合わせて柔軟に対応が聞きます。

しかも、このような特殊なものでありながらも、最短で即日融資をしてくれるというものですから、急な資金調達が必要になったときでも

かなりうれしいところがあるというわけです。

金融機関の信用情報も利用しているわけではありません。キャッシングのような借入というようなものではありませんので、信用情報に載らないようになっているのです。

取引先の企業にも知られることはありませんので、事業が怪しいのではないかというようなことを思われることなく安心してお金をかりることが出来ます。

さらには、保証人不要で赤字経営であっても利用できる可能性はあります。

個人事業主や新規事業を始めた人でも利用が可能ですから、資金繰りに困っていて売掛金があるときには

とても心強い味方になると思います。

自動契約機は1人で利用するものです

キャッシングへの申込み手段として、各社が設置している自動契約機から申込みを行う方法がありますが、この自動契約機は1人でないと利用することができません。

これはごく当然だと感じるかも知れませんが、中には1人では不安なので、誰かに付いてきてもらいたい、特に同じく自動契約機から契約をしたことのある友人などが隣りに居れば安心だと思うかも知れません。しかし、どのキャッシング会社でも自動契約機の設置している無人ボックス内には1人でしか入ることができないのです。

確かにスペース上は2人でも入れる広さはありますが、無人ボックス内の様子は全てそのキャッシング会社側にカメラで見られています。2人以上が一緒に入ろうとすると、スピーカーから「防犯上の理由で申し訳ありませんが、お連れ様は入場できません。ご本人様だけで利用してください」といったアナウンスをされます。これは、無理矢理ここからお金を借りるようにその人に脅されている可能性もある為です。

また、その他の理由として、一緒に居る人から余計なことを言われて途中で申込みを止めるなどということになってしまう可能性も否定できません。キャッシングは20歳以上の成人が、あくまでその本人の意思で契約するものです。事前に人に相談をする分には全く構いませんが、申込みは自分1人だけで決めて行ってください。

前述の防犯上の理由とその意味から、自動契約機には申込みをする本人1人でしか入ることができなくなっているのです。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/