増額申込みに必要な3つのポイント

金融業者と借入の契約出来ても、最初の限度額は低めにされており、より多く借りるためには増額申込みが必要になります。

ですが当然、申込みをすれば誰でも増額してもらえるわけではなく、増額申込みには増額申込みで、重要なポイントがあります。

まず前提になるのが、信用情報です。

増額申込みで必要になる信用は、金融事故を起こしていないかは勿論、契約時よりも借り入れしている他賃金業者が増えていても損なわれます。

次々に借入先を増やすということは、総量規制に引っかかる可能性や、金銭的余裕が全く無くなっている可能性が高いからです。

信用情報が問題なければ、次は利用実績を見られます。

半年はしっかり返済しないと増額してもらえないと言うのは、この利用実績を作るためです。

多くの金融業者は直近数ヶ月で返済の延滞が起きていないかを見るので、一度返済が遅れた程度なら、その後数ヶ月から半年ほど延滞しなければ、増額申請が通る可能性は十分あります。

最後に必要なのが、増額する理由です。

増額申込みをする時には何のために増額するかを聞かれることも少なくありません。

自分から増額を申込む人は、今までよりお金に困る状態や環境になっている可能性が高いので、借り逃げせずちゃんと返済できるか探りを入れるためです。

矛盾せず、金融業者が納得して信用してくれるような説明をできるよう、理由をしっかりと考えておく必要があります。

Qpaという変わったキャッシング業者

Qpaというキャッシング業者は、通常のキャッシング業者とはちょっとかわっていて、

企業の売掛金を担保としてお金を貸してくれるというちょっと変わったサービスをやっています。

企業の売掛金を担保にかなり高額の融資をしてくれることが可能であり、下は数十万円から、上は1億円以上と

幅広い融資金額をカバーしているため、お金を借りる目的に合わせて柔軟に対応が聞きます。

しかも、このような特殊なものでありながらも、最短で即日融資をしてくれるというものですから、急な資金調達が必要になったときでも

かなりうれしいところがあるというわけです。

金融機関の信用情報も利用しているわけではありません。キャッシングのような借入というようなものではありませんので、信用情報に載らないようになっているのです。

取引先の企業にも知られることはありませんので、事業が怪しいのではないかというようなことを思われることなく安心してお金をかりることが出来ます。

さらには、保証人不要で赤字経営であっても利用できる可能性はあります。

個人事業主や新規事業を始めた人でも利用が可能ですから、資金繰りに困っていて売掛金があるときには

とても心強い味方になると思います。

自動契約機は1人で利用するものです

キャッシングへの申込み手段として、各社が設置している自動契約機から申込みを行う方法がありますが、この自動契約機は1人でないと利用することができません。

これはごく当然だと感じるかも知れませんが、中には1人では不安なので、誰かに付いてきてもらいたい、特に同じく自動契約機から契約をしたことのある友人などが隣りに居れば安心だと思うかも知れません。しかし、どのキャッシング会社でも自動契約機の設置している無人ボックス内には1人でしか入ることができないのです。

確かにスペース上は2人でも入れる広さはありますが、無人ボックス内の様子は全てそのキャッシング会社側にカメラで見られています。2人以上が一緒に入ろうとすると、スピーカーから「防犯上の理由で申し訳ありませんが、お連れ様は入場できません。ご本人様だけで利用してください」といったアナウンスをされます。これは、無理矢理ここからお金を借りるようにその人に脅されている可能性もある為です。

また、その他の理由として、一緒に居る人から余計なことを言われて途中で申込みを止めるなどということになってしまう可能性も否定できません。キャッシングは20歳以上の成人が、あくまでその本人の意思で契約するものです。事前に人に相談をする分には全く構いませんが、申込みは自分1人だけで決めて行ってください。

前述の防犯上の理由とその意味から、自動契約機には申込みをする本人1人でしか入ることができなくなっているのです。

キャッシングをしたい主婦の借り入れ限度額は?

働いている主婦の場合、収入に応じて借入限度額が異なります。上限は年収の1/3ですので、パートで月数万円しか稼いでいないのならそれほど高額の借入はできません。

収入から返済することが前提ですので、月5万円程度のパート代なら年収は60万円ですので上限は20万円になります。借りる時には良いですが、返済のことも考えればあまり高額を借りてしまっては返済が大変になってしまいます。そう考えれば十分な額と言えるでしょう。

専業主婦のように無収入の主婦でも、一部の銀行カードローンなどはキャッシングを利用することができます。これは妻が無収入でも夫の支払い能力から借りることができるためです。ただどの業者でも専業主婦が借りられるわけではありませんし、夫の収入で生活をしているのならのちのちのトラブルを避けるためには夫にまず相談することが大切ですね。専業主婦が借りる場合には、夫の同意が不要で借りることが出来てしまいます。夫の収入で暮らせているイコール返済能力があるとみなされるわけですね。

ですがその分、限度額の上限はあらかじめ決まっています。夫が高収入であったとしても、通常は30万円から50万円程度までしかキャッシングを利用することはできないと業者それぞれに定められています。

キャッシングの限度額で選ぶ

キャッシングを選ぶ際の条件は人それぞれですが、さまざまな条件の中でも意外と重要なポイントが限度額に関しての条件です。

融資限度額は大きければ大きいほど良いと思われていますが、実際には限度額が少ないほうがキャッシングを利用する際に有利になるケースもあります。

特に限度額の高さに比例して審査の条件も変わってくるため、特に限度額の高めなキャッシングの場合には収入面での審査に影響がでます。

その反面限度融資額が低めのキャッシングのサービスは、収入面での審査が緩かったり収入証明書が不要であったりするメリットがあるため、低所得者層に対して大きなメリットがあります。

また借りられる限度額が低ければ、キャッシングを利用し過ぎることも避けることができるため、低所得者でも計画的な返済を行うことが容易になります。

こういった限度額と収入面での釣り合いを考慮していくことによって、自身の身の丈にあった金融会社のキャッシングローンを選ぶことができるので、まずは自分自身の収入がどの程度安定していて、どれだけの融資限度額が最適かを知ることから始めましょう。

収入と限度額の釣り合いの取れたサービスを利用すれば、生活にキャッシングを無理なく役立てていくことも簡単です。

消費者金融の審査で外せない3つのポイント

消費者金融の審査は一定の基準がありますが、実際に中身を公表しているわけではないのでどのような点が基準になっているのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の審査で外せないポイントがあるのでしっかり確認しておきましょう。

・継続的に収入がある

消費者金融はいくつかの評価項目をスコアリングして行いますが、まず外せないのが収入面になります。年収が高い方がもちろん良いですが、継続的に収入があるという点がポイントになってきます。継続的に収入を得ていればしっかり返済してくれると判断されるので審査が可決される可能性も高くなります。

・申し込みは1社だけ

消費者金融でキャッシングをする時に審査に落ちても大丈夫なように何社にも申し込みをしてしまう人がいます。しかし何社にも申し込みをしてしまうと申し込みブラックと判断されてしまい審査が可決されにくい状態になってしまいます。それにより申し込みを1社だけにする点も消費者金融の審査で外せないポイントになってきます。

・勤続年数が1年以上

消費者金融の審査では勤続年数を重視しますが、1年未満だと仕事をすぐ辞めている人と判断されるので審査に落ちてしまう可能性が高くなります。勤続年数が1年以上ある点も消費者金融の審査で外せないポイントになってきます。

楽天ローンは主婦も安心

キャッシングというと、ネガティブなイメージが先行しますので誰もが不安に駆られると思います。

しかし、そんな心配を払拭してくれるのが楽天ローンです。楽天は銀行を持っていますので、楽天ローンも銀行系のローンになります。主婦も気軽に借りることができますし、月々に無理なく返済して行くことができます。増額の案内も、ほとんどないので借金に対して、身構えなくとも銀行に借りる感覚でキャッシングできます。

楽天銀行を持っていると、そこから毎月返済の引き落としが自動的にされるのも楽でいいです。急なことでお金が必要なとき、楽天ローンを活用すると余計な不安感なく、キャッシングできますのでおすすめできます。に楽天市場で買い物をしたいときなど、便利だと思います。

借りて楽天市場で買い物すればそこで、楽天ポイントも加算されますので、お得感があります。楽天市場では定期的にお買い物マラソンのようなポイントがアップする企画が多いので、楽天銀行、楽天カード、楽天ローンに加入している人には、もってこいなのです。銀行系なので主婦でも手軽にキャッシングが始められますので、家族に言いにくい用途のお金もすぐに用立てられるのが、魅力なのかなと思います。

プロミスは土日営業キャッシング
http://www.myattawwinhotel.com/